子供の頃の不思議な体験2
 | 2ch速報@2ch掲示板
トップページ >文化 >オカルト >o1349 >1349236336
2ちゃんねる ★スマホ版★ ■トップページに戻る■
■このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

子供の頃の不思議な体験2

1 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/03 (水) 12:52:16.17 ID:OzdOkg/G0
前スレ
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1331680093/
2 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/03 (水) 12:57:04.04 ID:WaxKzGpg0
>>1
おつ

3 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/03 (水) 14:12:44.72 ID:eBFMfdq3O
いちおつ

4 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/03 (水) 14:33:49.39 ID:sZAWWg470
いちおつです

5 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/03 (水) 18:01:16.79 ID:3+8nebaFO
>>1氏、乙です!
本当にありがとう!!
6 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/03 (水) 18:51:51.15 ID:F8qlDpi10
単発糞スレ立てんな死ね
7 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/04 (木) 03:05:03.09 ID:/2LTM13bO
いっちょつ!
8 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/04 (木) 19:11:20.65 ID:SvE25jw/O
コサ イのト キヲハアちやンのソヲシキヤ マ ヲク のイ ヱ
ヲトヲさ んとヲ ト ヲ トウシ ロホク
ヲ トヲさんと ヲトヲトイヱ のナカ
ホ ク ハ イ マ トコカ エリ タ イ



9 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/06 (土) 12:49:44.88 ID:OBK/aMIRO
どこを縦読みだ?


10 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/06 (土) 22:43:13.17 ID:xNCaGrur0
不思議な文章だ…

11 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/07 (日) 19:33:00.24 ID:w5CCC/Az0
五歳の時 お婆ちゃんの葬式 山奥の家
お父さんと弟 後ろ僕
お父さんと弟 家の中
僕は今どこ 帰りたい
12 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/08 (月) 12:40:46.19 ID:QAIOVY+3O
素人の考えた文章だから別に怖くはないな
トミノの地獄風な二番煎じ三番煎じばっかだ
富田のマタワレみたいな狂気も感じないし
13 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/08 (月) 16:37:59.22 ID:e2VZqx7VO
富田のマタワレ?


14 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/08 (月) 22:58:59.97 ID:5rDy9EpLO
子どもの頃、虹色ストライプ柄のエビフライみたいな形の昆虫を見たんだけど、あれはいったい何だったんだろう
空中でホバリングして花の蜜を吸ってたんだけど、誰か分かる人いる?

15 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/08 (月) 23:42:57.39 ID:nQQK1kOP0
>>14
スズメガだと思いますです
16 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/09 (火) 00:18:39.30 ID:k3dGCvkAO
おお!画像を見てきたけど、飛んでる姿はいちばん近いかも
でももっとこう…色の境目がくっきりハッキリした、本当に虹みたいなストライプだったんだ
羽根も蜂みたいに小さくて透明だった気がするけど、なにしろ子どもの頃の記憶だから、変わった色のスズメガだったと思っとく
どうもありがとう

17 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/09 (火) 02:04:26.76 ID:gC8jABeM0
うちにも飛んでくるけどエビフライに見えてしまうじゃないか…
18 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/09 (火) 04:35:09.87 ID:Vu8TzqzE0
ちょうどいいスレ発見したので、書きためたやつを投下します。
正直、誰にも言えてないことを聞いて欲しかったんだ。
もう、15年以上前の出来事だしな。

19 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/09 (火) 04:41:21.16 ID:Vu8TzqzE0
当時は茨城県取手市に住んでいた、正直なところ場所を言っても差し支えはないと思う。
取手市の公民館横の雑木林。ググれば出てくるんじゃないかな。

小学生3年生だった俺は、その日、たまたま一人で帰っていたんだ。
15時くらいだったかな・・・そして、いつもの様に小さな雑木林みたいなところに入ったんだ。
雑木林って言っても、80Mx40M程度の広さなんだ。

20 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/09 (火) 09:17:17.53 ID:6yXWjSGW0
>>16
ストライプはわかんないけど対空飛行している間は
すごい早さで羽ばたいているので羽の色はほぼ認識できなかった気が
オイラはずっとハチドリだと思ってたよ
本州中部なのに

21 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/09 (火) 09:36:21.22 ID:E4DPXXxi0
>>16
カラフルなスズメガだったらオオスカシバじゃないかな
翅も透明だしね


22 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/09 (火) 09:50:31.51 ID:4F7hyUsz0
>>21
あっ…こっちだったわ(´・ω・`)

23 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/09 (火) 10:55:42.24 ID:NQZ4noryO
>>19 ワッフルワッフル
24 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/09 (火) 12:10:21.89 ID:tguy/8JE0
当時は福岡県南部に住んでいた.自分は4−5歳くらい.
遊び疲れたなと思ってると夕立が降ってきた.座敷でゴロンと眠っていたが
ふと目を覚ますと,自分の足元の縁側に親子の狸が2匹立っていた.
今考えると狸にしてはでかいし(大きいほうは1mくらい)
それに直立してた.あれがトトロっていうもんだったんだと
今では思っている.


25 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/09 (火) 22:18:54.99 ID:k3dGCvkAO
>>16です
オオスカシバ!
皆さんありがとうございます、おかげさまで長年のモヤモヤが晴れました

これだけではアレなのでもうひとつ話を。
幼稚園の頃、物置代わりになってた空き部屋にひとりで入っては、古いオモチャや絵本を引っ張り出して遊んでた。
ある日その部屋に行ったら、置かれていたソファーの下に赤い物がチラッと見えた。
モコモコしたモヘアの毛糸みたいな感じの、靴下くらいの大きさ。
ぬいぐるみでも落ちてるのかと思って、隙間を覗き込んだら、その赤い何かが突然ぶるぶるっと震えて、スッ!と一瞬で奥に引っ込んだ。
半泣きで母親の所まで逃げたけど、明らかに向こうも驚いて逃げたって感じだった。
26 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/10 (水) 12:05:58.52 ID:sC2vL08QO
対空飛行

27 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/11 (木) 18:57:05.25 ID:O7u4aXnEO
空飛ぶエビフライってスレが昔、ニュー速に建ってたな
貼られてた写真を観て、初めてオオスカシバの存在を知った人たちは皆、ほんとにエビフライじゃんwって盛り上がってたわ

28 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/12 (金) 00:09:51.44 ID:0+fabw/f0
うち、何年前か覚えてないけど家系スレに書いたけど、長女長男がアレコレってことで。
現実的に言えば多分糖質家系なんだわ。
私は長女で、子供の頃はひどく幽霊っぽい幻覚とか、名前を呼ばれる幻聴を多数聞いててとても辛かった。
糖質エキスたっぷり継いでると思うのね。
でも中年になった今、医師に言わせれば、幼少時と今、私が経験した幻覚・幻聴は糖質っぽくないってのがちょっと不安。
続く


29 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/12 (金) 00:13:57.21 ID:0+fabw/f0
子供の頃に話を戻して。
小学校高学年のある日、私は多分だけど、宇都宮までの普通線に乗ってたのよ。
多分てのは、当時の記憶がアヤフヤなんだ。
ボックス席で一緒になった高齢の女性に、私はおやつのポッキーをおすそわけしたんだ。
そしたら、「しなくてもいい苦労して大変ね、私が閉じてあげる」
って、その人が私の右手を取って、何やらしたんだよ。
もわーって感じがした。
それ以降、お化けみたいな怖い幻覚が一切消えて、私は怖い思いをすることがなくなった。

30 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/12 (金) 00:20:42.48 ID:0+fabw/f0
高校の時、私が受験やなんだで切羽詰まってた頃、
深夜コンビニに夜食買いに行って、その後のふくろが、なんの作用もないのに
ふくろだけ勝手にカラカラ回り始めるまで、何もなかったのは
このおばさんのお陰だと思ってる。
当時は宗教っぽくて怪しいって思ってたけど、どうもありがとう。

いま40歳近くなって、幽霊っぽいものとか、口笛その他、怒涛のように見たり聞いたりしてるんで
子供の頃見知らぬおばさんがしてくれた封印が解けたのかなーって。
おかしい事がまた、今年になってから一斉に。
本当に怖い。
自分が病気なら病院へ行くけど、突然だから気になる。
私が糖質発症したならいいけど、昔封印してくれたおばさんの効力が切れたってだけなら怖い。


31 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/12 (金) 01:01:30.14 ID:dcAd4KRHO
>>28-30 貴女の文章を読む限りは統失再発してると思うよ
病院で薬を貰っておいで、飲み続けたらきっと良くなるから
32 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/13 (土) 14:43:05.27 ID:mn3CieA50
子供の頃に裏山の空き地で遊んでたら毛並みがボロボロの日本猿見たな生き物に「あの鳥居を倒して○X△□木を植えろ」
見たいな事を言われた事がある。
誰も信じてくれないけど。


33 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/14 (日) 06:42:22.70 ID:wK0RAIYOO
>>31
統失の文章の特徴ってどんな感じなの?


34 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/14 (日) 16:31:48.11 ID:QG4LgnDfO
高校三年の6〜7月。
朝から梅雨の大雨で学校をサボり自室でテレビを観ていた。
その時、もの凄い閃光とともにドガーンという激しい落雷音(?)同時に部屋に置いていたガラステーブルの下に直径30cmぐらいの白い電気の塊(?)が出来てバチバチと音を立てていた。
時間にして20〜30秒。
テーブルの脚が鉄製だったので放電したのでしょうか?
もしあの時テーブルに触れていたら…
そう思うとゾッとします。

35 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/14 (日) 23:22:57.51 ID:d5thpJ2lO
プラズマです


36 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/14 (日) 23:27:09.68 ID:bw30kkzu0
霊とは、生前の神経網がその電気によって磁化されれ、ヒッグス粒子か何かの物質に転写された神経網の残像です
肉体と重なって存在出来る粒子に肉体の神経網が転写された存在です

その磁力で転写された生前の神経網の残像に空間から電力を供給されて駆動しているのが霊の正体です

それ故に霊は電気的な存在なのです

37 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/15 (月) 10:43:42.59 ID:pn+RxlIY0
宮沢賢治っぽい

38 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/15 (月) 23:54:44.26 ID:hMNk25lHO
妙なレスが怖いわ
39 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/18 (木) 12:11:57.11 ID:TLqOFIie0
小学生低学年まで別の記憶があった。
知らない旅行先の道順や地理を的確に憶えていた。
昔住んでいたような感覚だった。
旅行先で全く知らないおばさんに「○○さんお元気ですか?」と聞いた時おばさまはビックリしていた。 アレはなんだったんだろうか?

40 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/18 (木) 14:04:57.42 ID:jCmKiejMO
前世の記憶

41 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/18 (木) 14:15:09.61 ID:z267xzZJ0
毎晩、丸くて白い生き物が家に出現していた。
今から思うと何も疑問にも思わず受け入れていた自分が怖い。

42 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/18 (木) 21:36:52.01 ID:t0dJEwTDO
ハロかと思ったが、あれは白くないな
43 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/18 (木) 22:11:13.57 ID:THtBQMX20
親戚の家の近くの納屋で
ジャンボマックスを見た

44 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/18 (木) 22:32:51.33 ID:t0dJEwTDO
>>43 マジかよ!すげえな!奴はまだこの世に存在したのか
ちなみに、ちっさいおっさんスレに書き込んだらきみはヒーローになれたぜw
今から書いておいでw

45 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/19 (金) 04:34:32.42 ID:LDuiz9KAO
夢にアジャコング出た人いる?

46 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/20 (土) 00:18:07.94 ID:OBZrnTlGO
夢は夢スレへどうぞ


47 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/20 (土) 16:06:29.72 ID:6stgNfi00
ガンダムに詳しい方いらっしゃったお願いします。

幼稚園の頃テレビに写っていたアニメの番組を見て
あるワンシーンが印象深くてなんとなく忘れられずにいた。
そのアニメをみたのはその時一度だけ。
もともと自分が毎週見ていた番組ではなかったのでそれほど気にもかけなかった。
その五年後位「機動戦士 ガンダム」の放送が始まって
大ブームが起こりテレビでまったく同じシーンを見た。
その頃自分はパイロット版という言葉を知っていたので
「幼稚園の頃に見たあれはガンダムのパイロット版だったんだー」と
納得していた。
その後大人になってから世にインターネットというものが出現し
なんとなく調べてみたくなってググッてみたんだけどそういう記録が見当たらない。
自分がアニメに詳しくないので調べ方が悪いのかもしれないが・・・。
もしご存知の方がいたらお願いします。

48 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/20 (土) 16:13:26.82 ID:97dmG/zn0
>>47
初代ガンダムの大ブームって再放送からじゃなかったっけ?

普通に最初の放送をたまたま見て、それから再放送見たんじゃないの?

49 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/20 (土) 16:20:04.66 ID:6stgNfi00
>>48
あ、そうなんですね。
その最初の放送と再放送ってどのくらい期間が空いてたんでしょうか。
50 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/20 (土) 19:53:40.91 ID:97dmG/zn0
>>49
テレビシリーズアニメとして1979年から名古屋テレビほかで放映された
1982年1月24日には、千葉県のダイエー新松戸店でガンプラを購入しようと開店と同時にエスカレーターに殺到した

まぁ、当時を知る感じとしては多分この辺りがブームと言えるんじゃなかろうか

3年位のラグが有って大ブームだったと思うから、、貴方の、放送されて大ブームって言ってる感じからして何処かで勘違いしてる気がしなくもない
51 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/20 (土) 22:49:03.67 ID:OBZrnTlGO
間違いなく>>49の勘違いだな
ガンダム本放送時は人気が出ずに打ちきりくらってる
>>50の言う通り、人気が出てブームになったのは再放送以降からだ
たぶん記憶の刷り変えだろう、人間の記憶などあてにならんよ

52 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/21 (日) 17:02:01.25 ID:bzQiSW/r0
幼稚園児の頃、夕方に「ひきつけ」をおこして入院した事があった。
その瞬間や、今は亡き母が舌が喉に落ちないようにと(今は落ちないから心配ないとされたが)、口に指を突っ込んで噛み千切られそうな激痛に耐えながら舌を押さえてくれてた事は全く覚えていない。

しかし、病院に行く為に、両親が俺を乳母車に載せて必死に走ってる姿が見下ろすアングルで記憶にずっと残っていた。

自分が見える視点というのが不思議だった。病院のベッドで目が覚めるまで気を失ってたのに・・・
起きてすぐ思った事は「ゲゲゲの鬼太郎(初代)見逃しちゃったあ」だったw


53 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/21 (日) 19:56:42.28 ID:YQmJE4X0O
舌根沈下で気道閉息はあるだろ

54 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/21 (日) 21:14:33.11 ID:uvN5OJAXO
自分自身の体験なのに、第三者視点の記憶というのはよくあること
このスレでよく出る話題のイマジナリーフレンドくらい普通のことだよ

55 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/21 (日) 22:37:29.85 ID:+46grBfnO
>>32
日本語が微妙だから出直して

56 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/22 (月) 06:07:09.35 ID:YPq2tzCt0
>>47
ガンダムの前には、メインスタッフの多くが被っているダイターンと
ザンボットが制作されていて、メカやキャラのデザイン、カラーリング、
セリフ回し、エピソードの一部などに類似が見られる
幼稚園児ならその辺がごっちゃになって記憶していても、不思議はないかな
57 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/22 (月) 22:38:36.13 ID:CthnBzY7O
流石にそれはなかろう
58 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/23 (火) 02:12:46.00 ID:BjcCtpwIO
実話です。
小学生の頃、毎年家族でキャンプに行くのが恒例行事になっていました。
ある夏の日、良く行くキャンプ場の周りを探検してみよう!と決意し、周囲を探索していた時の事でした。
ある一軒家の前にたどり着くと、全く知らないおばあちゃんから「○○△△ちゃんだね?」とフルネームで呼ばれ、どうしてこの人は私の名前を知っているんだろう?と思いつつも「はい」と答えると、そのおばあちゃんは家の奥にある林を指差して、
「この林を抜けると広い土地があるんだけど、それは△△ちゃんの亡くなった□□おじいちゃんが持っていた土地なんだよ」と、教えてくれました。
亡くなったおじいちゃんの名前を知っているなんて、一体どういう事何だろう?と不思議に思いつつも、何となく怖かったので、この話は家族には言えませんでした。
次の日、やっぱり例のおばあちゃんが気になり、先日とほぼ同じ時刻くらいに同じ場所へと向かったのですが、おばあちゃんは居ませんでした。2、3時間待ってもおばあちゃんは来ませんでした。
結局、何だったのだろう、と思いつつキャンプは終了し、帰り道。父親が運転しながらいきなりこう話し始めました。
「(キャンプの)前日仕事でキャンプ場の前を通ったんだけど、その時道路で轢かれそうになっていた狸を助けたんだよ」と。
もしかして、あのおばあちゃんは化けた狸で、あの話は恩返し的なものだったのだろうか?そう思うと本当に不思議な話です。

59 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/24 (水) 03:46:12.30 ID:58S+zMLT0
□□おじいちゃんが持っていた土地って言うのは本当だったの?

60 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/24 (水) 08:17:33.20 ID:RxiSeIqaO
エロおじいちゃんに見えた

61 : 58 :2012/10/24 (水) 09:15:40.47 ID:ATdifQKiO
>>59 さん
亡くなった祖父の事については殆ど何も聞かされていなかったので(2、3歳の頃に亡くなってしまいました)、真相は解りません。
ただ父は当時自営業で祖父の後を継いだので、そのキャンプ場近くにお客さんがいた可能性はあります(あまり関係ないかな…)。
>>60さん
不覚にも笑ってしまいましたw
62 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/24 (水) 09:40:04.75 ID:6lejYexe0
次の日、おばあちゃんはいなかったけど・・・一軒家はあったのかな?
63 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/24 (水) 17:28:36.17 ID:ATdifQKiO
>>62 さん
一軒家はありましたよ。

64 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/27 (土) 22:22:11.34 ID:qPZ9QK4pO
良スレage

65 : 本当にあった怖い名なし :2012/10/27 (土) 22:31:41.30 ID:vC5g7bed0
カバラ魔術の修行法は、ときに幻聴や幻覚、自我肥大、誇大妄想など
の症状を発症します。

私の場合もときどき金属音のような幻聴が、儀式中に聞こえました。

また、自分は神であるという妄想から、いろいろとおかしな言動

もしました。 どうかカバラ魔術が衰退しますよいに。
アーメン。
66 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/27 (土) 22:43:58.80 ID:0+Ga2JkS0
小5くらいの頃、徹夜するのに憧れて
オールナイトニッポン聞きながら起きてて
深夜3時は回ってた頃眠気覚ましに窓を開けたら
東の空を火の塊みたいな、青白い炎みたいのがうねりながら空へ昇ってくのを見た。
あれは何だと何度も見た。で怖くて窓閉めた。


67 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/27 (土) 22:45:27.82 ID:DK3WMhHW0
保育所でいつも毎日迎えにくる両親
ある日、両親が鬼の仮面を被って迎えに来たんだ
何も話さずに一緒に帰ったけれど
眠気が酷く寝てしまった
その日が最後の保育所になった

68 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/27 (土) 22:50:10.52 ID:b4RjWAgu0
子供のころは度田舎に住んでいたから、かつて双子が生まれただけで年寄りには曰くつきと言われていた家があって。
うちの親も近づくなって言っていた。でも私はその家の次女と同級生で仲良しで、
ある日遊びにいった。親には内緒で。


69 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/27 (土) 22:56:48.91 ID:b4RjWAgu0
うちの親霊能者(?)だから、言いつけは聞いときゃ良かったんだけど。
でも別に年寄りに評判悪いだけで、他の子もその家に遊びにいってるのを
知っていたし普通に楽しくあのときは遊びにいった。多分秋のこと。
雪の多い地方だから車庫にはクロスカントリースキー一式が出してあった。
クロカンのストックは先端にナイフみたいなのがついてるんです。


70 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/27 (土) 23:02:50.31 ID:oEeKxBTm0
それで、斬られた。袈裟懸けに。
敷地に踏み込んだもののまだその家の玄関に届いていない私を、
すごい勢いで、突然発狂した同級生の弟が武士みたいに斬った。
もちろん一撃で死ぬわけもないから私は走って走って、
他人の家の庭を必死で逃げ回ったけど弟はついてきた。
そして敷地外の通りに出ると泡噴いて倒れた。


71 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/27 (土) 23:06:58.98 ID:b4RjWAgu0
長くなってしまった・・・
とりあえずあのときは怖かったです。意味不明だったし。
以上、長文失礼



72 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/27 (土) 23:17:30.49 ID:xlax4uQp0
>>67
なにそれこわい。
どういうこと?
73 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/27 (土) 23:40:22.58 ID:qPZ9QK4pO
>>68 >度田舎
適当な当て字すんなよ
ど田舎の「ど」は、超弩級の弩だ
弩田舎って書くんだ馬鹿

74 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/27 (土) 23:41:26.22 ID:oEeKxBTm0
>>73
そうなのごめんよ田舎の人


75 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/27 (土) 23:47:12.34 ID:qPZ9QK4pO
>>74
ひとつ賢くなってよかったな
おれが田舎暮らしなのはマジだw
76 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/28 (日) 20:59:00.78 ID:YpHOVC8P0
スレ違だったらすいません

小学生の時、学校を休む人を当てることが出来ました
方法は頭の中にその人の顔が浮かばないと休みという感じです

後、そろばんを習ってたのですが嫌いな先生が居て、
その人が今日は居ないって事も当てる事が出来ました


77 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/28 (日) 21:11:52.96 ID:YpHOVC8P0
もう一つ
今考えると多重人格じゃんって感じなんですが

またまた小学生の時なんですが自由帳に書いた覚えが無いデジモンの絵が描いてあったり、
ロックマンエグゼというゲームで
攻略本見て気づいたんですがエアーマンを倒した覚えがないんです

>>76と今話した事は、中学に入ってやっと「おかしい」と気づきました
こういう事があったというのは今でも覚えてます

長くなりすいません



78 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/28 (日) 22:14:29.95 ID:Sfuti9tn0
>>76
浮かばないのにわかる、というのが意味不明。
思い浮かべることができなければ、当てることはできないよね?


79 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/28 (日) 22:23:15.98 ID:YpHOVC8P0
>>78
そのまんま「顔が浮かばない」って意味です
人の顔を思い浮かべるとその顔が無い

その様に覚えてます
今ふと人の顔浮かべてみたけど結構難しい
その頃の記憶では鮮明に浮かべてたと思うんですけどね
80 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/28 (日) 23:00:44.19 ID:iZ3WrG47O
・・・ガチの統失さんが降臨してるのかい?
81 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/29 (月) 00:17:44.70 ID:IY9mKP150
>>80
これ話した時に親にも友達にもそう思われてたと思ったら何か興奮してきた

記憶に残ってるのが昔見た夢でそれを現実にあったと思いこむって事もあるのかな
もしかして異常あるのか

82 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/29 (月) 00:21:46.66 ID:IY9mKP150
>>80
これ話した時に親にも友達にもそう思われてたと思ったら何か興奮してきた

記憶に残ってるのが昔見た夢でそれを現実にあったと思いこむって事もあるのかな
もしかして異常あるのか



83 : 47 :2012/10/29 (月) 00:22:10.69 ID:IJjssTmd0
>>56
ありがとうございました。
多分これが真相なんだと思います。
ちなみに妙に印象に残っているシーンとは
アムロが野戦病院のベッドに患者のふりをして隠れているが
敵軍の兵士が捜索に来て一人一人患者を確認している時に脅えて
兵士を射殺してしまう、という場面です。
病室にいた女性が「可愛そうに・・・。あの人だってご家族が
あったでしょうに・・・。」とアムロを批難するという所です。


84 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/29 (月) 00:22:51.00 ID:IY9mKP150
2連してもうた
すみません


85 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/29 (月) 03:18:38.77 ID:mCIf21Hy0
糖質と言われて興奮…
86 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/29 (月) 11:23:05.36 ID:syFmTnteO
なんか怖いな
メンヘラ統失構ってちゃんのレス乞食が来てたのかよ


87 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/29 (月) 13:48:39.53 ID:3thcQKvW0
>>87
母さん(病室にいた女性)の台詞まで正確に覚えてるのもすごいなw


88 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/29 (月) 13:49:58.07 ID:3thcQKvW0
ごめんレス番間違えた。>>83宛ね


89 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/29 (月) 15:03:36.01 ID:gwZugNNd0
本当にあったはなしなんだけど、あまりにベタすぎて、誰も信じてくれない話。

小5の同じクラスだった友だちHが調布へ引っ越した。小6になった俺と友だちは
日曜に調布へ遭いにいった。もちろん、事前に連絡、住所、電車乗り換えを確認していった。
Hの言ってた時間 場所についた。扉が開いたら当時高校生のHのお姉さんが出て来た。
お姉さんは一人きりだった。
なにせこちらは小6だから、綺麗なお姉さんではあったけど興味は惹かれなかった。
お姉さんが言うにはHは両親と親戚の家へ行っていて後1時間位で戻るという話だった。
それからお姉さんは一緒にケーキを作ったり遊んでくれたり、俺たちを飽きさせないよう
一生懸命面白い話などしていた。
時々、お姉さんは親戚の家へ電話していつ頃返れるか聞いていたようだった。
午後5時過ぎだろうか?また電話をかけてから
「ごめんね、Hは夜御飯を食べてから返るって」と言い
俺ら二人を玉川学園まで送ってくれた。最後に「今日はおもしろかったね、また遊びに来てね」と言われた。

家に帰って来たらHから電話があった。
「一日中待ってたのに、何で来ないんだよ!!」と怒っていた。
俺もお前のお姉さんと一緒に、お前が返って来るのをまってたんだよ。と反論した。

二人の頭の上には「?」が3っつ位浮かんでしまった。
結局、原因は俺たちの住所の記載ミスだったと分かった。

当時は「頭のおかしいお姉さん」だったんだ、、って思ってたけど。
歳をとってから、何となくアノお姉さんの気持ちも分かるような気がしてきた。

今でも、どこかで幸せに生きている事を心から願っている。


90 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/29 (月) 17:54:33.22 ID:ymyKw3h80
>>89
つまりそのお姉さんは、Hとは縁もゆかりもない赤の他人だったわけだね。
なんかいい話……なんだろうけど、なんか納得行かないなあ。
かえって迷惑だよね、「うちは違います」って言ってくれれば
電話なりして早めにまちがいがわかってH君に会えただろうに。
91 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/29 (月) 18:12:42.52 ID:gwZugNNd0
>>90
>なんかいい話……なんだろうけど、なんか納得行かないなあ

うまく書けなくてごめん。
Hには確かに高校生のお姉さんがいたんだけど、ソレ程顔を合わせたり喋ったりする
事も無かった。だから顔観ても良く分からなかった。それに年上の女性には未だ興味が無かった子供だからね。

 で、例のお姉さんは、俺たちが勝手に女子高生と思ってただけで
今 思うと、もう少し年齢が上だったんだよ。多分上京してきた孤独のOLとかね

矢野顕子の「ごはんができたよ!」って歌を聞いたとき
『この歌は、あのお姉さんの歌だ』って気づいたんだ。

そのお姉さん=矢野顕子って事じゃ無いよ


92 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/29 (月) 20:17:15.92 ID:K3Uwkc+fO
>>87チョコ要るかい?

93 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/29 (月) 22:45:46.37 ID:syFmTnteO
良スレage

94 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/30 (火) 00:57:19.78 ID:8939brXSi
4〜6才の頃、夢の中で知らない子とベッドの上で飛んだり跳ねたりして遊んでいた。
それから家を引っ越して、数ヶ月たった頃、現実の道端で同年代の女の子に声をかけられた。
「覚えてる〜!?」
最初はわからなくて
う〜ん、とか言ってたら
「夢の中でよく遊んだじゃん!!!」
と言われて思い出した。

それから会ってないけど、なんか不思議な思い出。

95 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/30 (火) 01:05:15.35 ID:nbII/hEXO
夢の世界と現実世界がリンクしてる話って猿夢っぽくて好きだ

96 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/30 (火) 02:19:04.28 ID:wlX3X0VJ0
>>89
心に染みる話だな
97 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/30 (火) 04:00:32.15 ID:/EHFnhcL0
>>94
テレパシーは実際に有るっぽいけどな
脳の周波数が同じなら意思疎通が出来そうな気がするし

98 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/30 (火) 21:29:58.59 ID:pF04UI5k0
子供の頃、夢で、母親同士の仲がよく、また遊びにも行っていた幼馴染みの家で、
知らない男性に首を絞められ殺されるというのを見た。
光景も苦しいのもリアルで、本気でビビッた自分は、
夜中に泣きながら母親を叩き起こした(迷惑)
それから何となく疎遠になり、今は全く没交渉。母親同士は別。

最近、自分と幼馴染みを知る人が、幼馴染みの近況を教えてくれた。
家の仕事を手伝っているが他人とは殆んど関わらず、夢で見た男性に似ている。



99 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/31 (水) 06:45:19.29 ID:JXtVA9ISO
眠いせいか、>>98の話がよく解らない
100 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/31 (水) 07:25:29.39 ID:zvEXm05oO
何かの暗号、おそらく徳川埋蔵金関係。

101 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/31 (水) 14:26:20.58 ID:JXtVA9ISO
バロスw
たぶん埋蔵金は関係ないww
102 : 本当にあった怖い名無し :2012/10/31 (水) 23:39:03.85 ID:ZQ+vYrWS0
間違いなく>>94の勘違いだな
たぶん記憶の刷り変えだろう、人間の記憶などあてにならんよ


103 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/01 (木) 00:57:37.82 ID:KPYzmi3MO
誰か>>98を翻訳してくれよ

104 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/01 (木) 01:56:41.44 ID:Cj7d+92F0
読みづらいとは思うがそれは読解力なさすぎだろ

105 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/01 (木) 04:23:18.11 ID:bPEQWWEz0
疎遠になった幼なじみが、幼い頃に夢で見た男性に似てきたってことじゃないの?
夢ではその男性に絞め殺されていたから、あのまま付き合いが続いていれば、もしかして…
という解釈を自分はした。


106 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/01 (木) 11:03:04.74 ID:5boVZ5Qz0
子供の頃 短い間だったけど動物の声が分かった何を言ってるのか分かった動物の声が聞こえなくなった時は悲しくなった

107 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/01 (木) 14:05:10.16 ID:eGQHtBDw0
小さい頃たまにだけど妹の考えていることがわかるときがあった
あと電話がかかってきた時電話に出る前に相手が誰かを確信をもってわかるときがあった
毎回わかるわけではなかったけど
高校の時にツレの自転車の四桁の暗証番号を一発であてたのを最後に
大人になったらそういうのも次第になくなったな
108 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/02 (金) 00:34:40.01 ID:qit1m+ffO
子供って案外色んな超能力を持ってたりする
109 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/04 (日) 10:15:40.05 ID:zhb4D9bP0
>>107
一緒に生活してる人間の考えることが偶に解るってのは不思議でもなんでもない。
お互いの考えてる事がサッパリわからないのに
未だに夫婦を続けてるウチらの方が不思議だろ

110 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/04 (日) 20:44:57.82 ID:+7Nt62ITO
>>1
乙です 新スレ嬉しいぞ

111 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/04 (日) 22:19:05.73 ID:+7Nt62ITO
不可解スレで結構このスレの話題が出るのに このスレは知名度認知度ともに低いな 常にageレスで一日十レスくらいして人目につかせるべきなのか? まあオレにはそんな暇は無いんだが


112 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/05 (月) 15:49:14.44 ID:0FxJihe4O
おれがageとくよ
割と暇だしな
113 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/05 (月) 19:00:03.89 ID:0FxJihe4O
良スレageっと
ご新規住人さんいらっしゃい、いいスレあるでよ


114 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/05 (月) 20:53:11.29 ID:0FxJihe4O
今夜はおれしか来てないのか、寂しいがや

115 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/05 (月) 21:30:53.92 ID:YAL0bYHBO
小学校低学年の時、この世界は何故存在するのか?私は何者で死んだら一体どうなるのか。

それを考えていたら怖くて怖くて仕方なかった。
きっと答えがあるはず、と毎日一人の時間になるとその事を深く考えていた。

ある日の事、いつもより深く頭が痛くなるくらい考えていたらバラバラにあった点と点が突然、バッキーンと繋がり明確で簡単な答えがでたのだ。

その時、私はなんだ簡単な事だったんじゃないかと安心し納得したんだけど、次の日から点と点が繋がる事は無くなりました。

あれが真理というやつだったのか。これが私の子供の頃の不思議な体験です。



116 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/05 (月) 23:05:51.45 ID:7lPo6AyR0
>>47
ガンダムは初回放送時は人気なく、低視聴率。
何年かしてガンプラのヒットで再度日の目を見た。
キミの見たのは再放送だ。

117 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/05 (月) 23:32:13.99 ID:un3cSkPo0
>>115
同じ経験あるわ。なにかに気づき安心したんだけど次の日には忘れてた。
お蔭で、それ以来思い浮かんだことはすぐにメモとる習慣がついたよ。

118 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/05 (月) 23:47:30.61 ID:sQ1J64mO0
ジェロニモのアパッチの雄たけびやったら、本当にガラス瓶が割れた。
今思うと持ってた子が落としただけかもしれんが。

119 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/06 (火) 01:37:31.18 ID:A8fLSvV/O
確かにエニグマやほんのりスレに、このスレ向けの話が投下される事が多いよな
次に見かけたらコピペして貼ってやるか
地味な良スレだしな

120 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/07 (水) 14:17:41.63 ID:EmKeXBKjO
過疎スレage


121 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/07 (水) 17:58:09.26 ID:EmKeXBKjO
地味スレage

122 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/07 (水) 20:04:30.79 ID:EmKeXBKjO
良スレage
つーかおれしかいないのな
123 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/07 (水) 20:17:13.71 ID:JtOcOxssO
週末でもなきゃ人はいないよ

124 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/07 (水) 22:52:12.19 ID:EmKeXBKjO
>>123 そっかあ
レスありがとな、どうやら暇人はおれだけらしいや


125 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/07 (水) 23:11:27.38 ID:s+A4YdwE0
ある日唐突に
「就職が決まった!就職が決まった!」という気がした。
頭の中に響いてくる感じ。
困った。だって学校行ってるんだから。応募してないしwww

数日たって、
上京していた兄から今日第一希望の会社から内定があったという電話が入った。
子供だったから、就職活動のシーズンも知らなかったから、びっくりした。
あれはどこからのテレパシーだったのだろう?


他に、「抽選に当たった」という予感もあって、外れなかった。
商品発送の日付からさかのぼってみたら、抽選があった頃かなあ?という頃に、
「当たった」という予感があった。
当選は何回かしかなかったし、他人から見たらたいした景品ではないだろうけど、
欲しかったものだったから、嬉しかった。

126 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/07 (水) 23:53:09.22 ID:4f9F409R0
子供の頃 父が箱でミカンを買った、その夜、父と母がミカン持ってきてと俺に言った俺は3つずつ手渡しした 父に渡した3つのミカンは酸っぱかった 母に渡したミカンは3つのミカンは甘かった

127 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/08 (木) 12:31:20.34 ID:MLrJCo9s0
>>126
それ、単純にご両親の味覚の違いではないの?
128 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/08 (木) 13:08:15.46 ID:rUn6T5IR0
もうひとつ考えられるのは、直前に食べたものが違ったため
歯磨きした後のみかんとか味が違うし
129 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/08 (木) 14:39:37.77 ID:qprrMpYkO
酸っぱいのばっかりだったとーちゃんカワイソス

130 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/08 (木) 17:18:43.30 ID:kO2pEc5P0
朝の犬の散歩に行こうと玄関を出た瞬間、ネコが捨てられてる、と感じた
空気というか匂いというか、上手く言えないがなんか違和感があった
実際散歩道の途中にある公園に寄ったらホントに捨てネコいてびっくりしたことがある

131 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/08 (木) 21:26:18.01 ID:cfEI4zwn0
ミカンの話だが俺も食べたから分かる、父よ俺は本当に悪気は無かったよ

132 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/08 (木) 22:14:16.90 ID:qprrMpYkO
なあに、親父も解ってるさ

133 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/09 (金) 12:00:02.78 ID:BDLRIQyPO
小学生のころは授業で自分があてられる時は、
次にさされるのは自分だってことがビリビリするくらいに確実に分かったな。
ホントに強烈な予感っていうか…。

134 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/10 (土) 00:32:34.91 ID:B3ooIqN70
小学生の頃 家に帰って明日の学校の準備をした 夕飯を食べてもう一回明日の学校の準備をしたら学校から持ってきたはずの国語の教科書が無かった 次の日、学校に行って引き出しを開けたら国語の教科書があった

135 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/10 (土) 04:37:24.87 ID:gX2H6WVEO
実話恐怖体験談スレに、このスレ向けの話が投下されてた屈辱について
136 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/10 (土) 11:37:06.68 ID:Gu4GCjmm0
色んなスレがあるんだから分散も仕方ないよ


137 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/10 (土) 19:37:07.95 ID:W+HdGLEL0
>>134
> 小学生の頃 家に帰って明日の学校の準備をした
ここ書かなくても良いよね?
この時に国語の教科書があったのなら別だけどさ

138 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/11 (日) 03:42:02.72 ID:p1+zD2ynO
現在進行形の話では無く過去の話なのだから、明日のではなく翌日のと書くべき


139 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/11 (日) 05:19:04.28 ID:+oEuEJUT0
何この添削w

140 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/11 (日) 12:54:45.85 ID:p1+zD2ynO
赤ペン先生です
141 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/11 (日) 17:55:55.90 ID:pJipMd+S0
>>138
「明日の学校の準備した」は並立助詞の到達動詞だから進行形をとっても間違いじゃないだろ
また修飾語の働きを主要として時間・空間的な表現をしたいのなら
明日という言葉の方が、一般的だぞ( ´,_ゝ`)プッ

てかお前が投下した体験談を晒してお手本みせてよ。
でしゃばるのだからロム専門ってわけじゃないんだろ。屁理屈こねて逃げんなよ。
賢さをハナにかけてたアナタは、さぞ美しい日本語を使えるんだろうね。読みたいな〜w


142 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/11 (日) 23:15:10.48 ID:p1+zD2ynO
>>141 なにアナタ、生理か?セデスでも飲んどけよ

143 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/12 (月) 05:37:17.03 ID:H4YBtyBM0
ID:p1+zD2ynO…頭悪い上に恥ずかしい
144 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/12 (月) 18:48:47.64 ID:9XkU6wvq0
幼稚園のとき、季節は今頃だったと思う。
当時ガチャガチャでキンけし買ってもらうのがかなりの楽しみだったんだけど、
あるとき親に「これ以上買ったら、今年はサンタさんきてくれなくなるよ」
といわれた。
幼稚園児ながら、「サンタさんだって忙しいからこんな会話きいてるわけない」
と思い、「いいから買って!」とねだった。でてきたのはハンマーヘッド。
しかもその年、確かにサンタは来なかった。
145 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/12 (月) 23:55:26.42 ID:fkBDCnx60
四歳ぐらいの時にお盆におばあちゃんのら家に泊まりに行った。
夜起きると廊下に白い着物を着た人が歩いていた。
朝になっておばあちゃんに昨日白い着物きて歩いてたでしょ?ときいたら、寝ぼけてたんじゃないかと言われて納得したが、いまになってあれはご先祖様かなと思っている。



146 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/13 (火) 22:38:29.91 ID:zR8YgXlSO
小3のとき、書き直したはずの漢字ドリルが書き直す前の状態に戻ってたことがあった。

なんかの時に親に言ったんだけど、
寝ぼけたんだろwwwwって一蹴された。

…絶対夢とかじゃないと今でも思ってるけど最近自信無くなってきた…
147 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/13 (火) 23:35:39.71 ID:v2AHXeLPO
何度も書き直す羽目になってしっかりと復習出来て良かったじゃん

148 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/14 (水) 11:36:29.37 ID:RZjHOkBhO
残念ながらやったはずなのにリセットされてる的なやつは
その時1度だけ。
繰り返し練習なら普通のノートに毎日書いてたし。
149 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/14 (水) 20:02:31.41 ID:L6PPwY9X0
小4くらいの時5枚入りのカードパックを一つ買って開けてみたらカードが6枚入ってた

150 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/14 (水) 22:50:47.49 ID:HQe5jH1MO
一枚得したじゃん
カップラの火薬もたまに二袋入ってる事があるしな

151 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/15 (木) 21:32:04.73 ID:W66jT2ZfO
かやくが多目に入っちゃったロットの他製品は、かやくが少なかったりするんだろうか
それもそのロットの全製品がかやく多目に入ってるんだろうか


152 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/16 (金) 12:04:22.33 ID:h3KhxfHq0
昨日食ってた個包装されてる飴玉、なぜか2つ入ってるのがあったな…不二家レモンスカッシュ
空っぽのやつは見てないけど…どうなんだろう
153 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/16 (金) 23:54:51.23 ID:UU1pbEtVO
ベルトコンベアでオートメーションで投下個数管理してる筈だが、割と大雑把なのかもな
鶏卵を割って、黄身が二つ入ってると気持ち悪いけど

154 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/17 (土) 01:06:33.86 ID:lLmmdkUvO
このスレ向けの話が、不可解スレや実話恐怖体験談スレに投下されてる屈辱

155 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/18 (日) 23:26:36.90 ID:WeIqu2zoO
スレ上げとくか
俺一人頑張っても無駄だけどな


156 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/19 (月) 00:24:00.16 ID:sATIgulA0
【文化人類学】夢【脳科学】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1353059746/l50

157 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/20 (火) 05:31:32.64 ID:LLrI8diiO
>>152 ぶっちゃけ多目に入ってるのも不良品だから不二家に電話して代替品貰ってウマー

158 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/20 (火) 21:35:09.39 ID:LLrI8diiO
今日のID、ディオっぽいな

159 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/21 (水) 11:57:41.05 ID:ps9uUR0bO
>>155

160 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/21 (水) 21:53:02.82 ID:ps9uUR0bO
>>155

161 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/23 (金) 03:19:48.77 ID:wKntH9sV0
子供の頃 家の階段をガイコツの集団が上がって2階に行くのを見た ガイコツが全員2階に行って俺も2階に行って見たが誰も居なかった 何回もガイコツの集団は見た


162 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/23 (金) 03:38:17.53 ID:MhH+i9y2O
>>153
鳥も双子が生まれることあるらしいし仕方ないさ
卵の殻を破るときにお互いをつつかないのか気になってる
卵黄が2つの卵だけを詰め合わせた商品もあるとか

163 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/23 (金) 11:55:03.16 ID:DCWM7/oMO
>>162 レスありがとう
現代科学?だか何だかで、わざと黄身が二つある卵を造ることは可能で、実際市販されてるのも知ってるよ
それはまあ、黄身二つでお得感もあるし構わないんだが、おれが気味悪く思うのは科学的操作無しで、自然界で普通に産卵された卵が黄身二つのケースなんだ

164 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/23 (金) 12:01:40.57 ID:DCWM7/oMO
大地震や台風、山火事等天変地異の大災害の前触れとして、黄身が二つや三つの卵が産まれやすくなるらしいんだ
動物の持つ、不思議な力が災害を予知して、子孫反映の為にそうなるらしい
311の大震災前に、どこかの鶏農家の記事を読んだんだが、何百といる鶏全てが黄身が複数の卵を産んだとかで気持ち悪かった
165 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/23 (金) 15:24:03.60 ID:BrQn1Vd5O
>>164 まじですか?
俺は若鶏は黄身が2つの卵を産むと聞いた。それをふたごちゃんと言う商品名で売っている。

166 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/23 (金) 21:10:29.96 ID:DCWM7/oMO
>>165 マジっす
子孫繁栄の為に、黄身の数をとにかく増やすらしい
数打ちゃあたる的な?
鳥類って一度に産める卵の数が決まってるから、卵の中味の黄身を増やすしかないらしい
農家の方のインタビューでは、卵の黄身が三つや四つの物もあったそうだよ
167 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/23 (金) 23:19:48.87 ID:DCWM7/oMO
スレの知名度認知度上昇祈願で、スレ上げとく

台風前に、ネズミが船や家から逃げ出すとか
地震前に鯰が暴れるとか動物には不思議な力が備わってるんだろうな
168 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/24 (土) 01:48:07.54 ID:sSnFxJhUO
うちのナマ太郎さんは、311の震災前も後も普通にニョロニョロ泳いでただけだけどな



169 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/24 (土) 02:57:00.60 ID:GGaM6kay0
うちのじいちゃんが不思議な雨乞いをする人だった。
稲の苗が育つ時期に何日も雨がふらなかったりすると、子供を川原へと連れて
いき川を見ながら抱きかかえて上下させる。そうすると不思議に雨が降って
いた。
小さい頃の私は「あたりのいい子」だと言われてよくその雨乞いに
使われていた。

170 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/24 (土) 03:00:35.74 ID:GGaM6kay0
なんか、よく覚えてないんだけど、その後小学校にあがる頃、近所の拝み屋さんに
連れていかれてお神酒を渡され「これを月に一度川に流して水神様にお詫びしなさい」
と言われた。
それは結婚して郷里を離れるまで続けていた。
周囲の人に言われるがまま訳もわからずやってたけど、今思えばじいちゃん
結構あれやばい方法だったんじゃあないの、と思っているw

171 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/24 (土) 10:52:36.67 ID:XDwwscLd0
>>170
色んな風習があるもんですね、お神酒を流さなかったらどうなってたんだろう?
何となく今でも続いてるような気がするのですが、そのあたりどうなんでしょうね

172 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/24 (土) 13:06:02.76 ID:HlmnIjnf0
>>149
カードダス出たての頃(80年代後半)の販売機は作りが雑だったのか
一回(20円)で回して二枚重なってカードが出るとか結構良くあった。


173 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/24 (土) 14:44:41.45 ID:GGaM6kay0
>>171
今はやってるって話聞かないです。昔、うちの家がその近辺の地主だったから
おじいちゃんが代表してやってたみたい?
お神酒を流さなかったらとられるよ、と拝み屋さんは言ってました。
当時は命をとられるってことかなあ、と思って、ひいいっとなりましたw
私泳げないしw
本当のところはどうなのかなあ。
174 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/24 (土) 15:24:05.41 ID:K2alMqz/O
不思議な体験というか謎な記憶なんだがいいんだろうか。
小学校4〜5年くらいの夏休みだったかな?
夜の7時くらいに夏祭りの盆踊りの練習で母と一緒に家の近所の工場の駐車場に行った時の話。

うちの地元では夏になると山車を引っ張って町中を練り歩いて、ちょっとした広場とか空き地とかに着いたら2〜3曲盆踊り?みたいなのを輪になって踊るっていうお祭りがある。
正直なところ、糞暑い中を延々歩かされる祭り自体は苦行でしかなかったんだが、親公認で夜に出歩ける踊りの練習は毎年の楽しみだったんだよ。
よく俺と同じように親につれられてきた友達と一緒に、踊りの輪から脱け出して、真っ暗な駐車場の奥の方とその脇にあった畑(梅の木が植えてあった)を使って遊んでたっけ。
175 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/24 (土) 15:25:18.67 ID:K2alMqz/O
で、ある晩、いつものように暗がりで鬼ごっことかくれんぼを足したような遊びをやってたんだ。
俺が鬼で、30数え終わって、さあみんなを探すかなって感じで駐車場から畑側に向かおうとした時だった。
隠れたはずの友達が泣き叫びながら畑の方からこっちに全力で走ってくる。

俺「なんだよ?なんかあったのか?」

友A「おgdjqiajumdjANat0pw!!!(ガン泣きしながらワケわかんないことを喚いてた)」

友B「Aがおばけ見たんだって!俺みてないけど!A見た!見たんだって!(なんかすんげえ興奮してた)」

友C「???(二人が駐車場側に駆け出したからとりあえず追いかけたらしい)」
176 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/24 (土) 15:27:25.68 ID:K2alMqz/O
その後、AとBを落ち着かせて話を聞いたら、Bが言うには、最初AとBは一緒に納屋っぽい小屋の裏に隠れてたらしい。

けど、Aが
『二人一緒じゃ見つかるから奥に行くわ』
っつって梅林の奥の方に歩いてったんだと。

Bがそのまま小屋裏に隠れてたら、奥に行ったAの悲鳴が聴こえた。ややあって、泣きながらこっちに走ってきたAに抱きつかれたんだとか。
Aは泣きながら「おばけ!おばけがでた!」とか言ってたらしい。
Bはとりあえずみんなと合流しようと考えて駐車場に行こうとしたそうなんだが
その時、二人の直ぐ近くの梅の木が急にガサガサガサッ!って揺れたんだそうだ。
それでBもパニック。二人して全力疾走してきたんだと。


177 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/24 (土) 15:29:30.94 ID:K2alMqz/O
Aが言うには、梅林の一番奥の作りかけのブロック塀にブルーシートが掛けてあるとこまでいってたらしい。
そこでシートの下に隠れようとしたところで、ふと見られてる感じがするのに気づいたと。

辺りを見回したら、梅の木の上にでっかくて白い牛と芋虫のあいのこ?みたいなのが居て、人間みたいなニヤニヤした顔でこっちを見てたんだそうだ。
その後は、さっきBから聞いた通り。ガン泣きで全力疾走。

178 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/24 (土) 15:31:40.38 ID:K2alMqz/O
その日は遊ぶのやめようってことになって、みんな大人しく踊りの輪に戻って親と一緒に帰った。
帰りの道すがら、母にそのことを話したら「夢でもみたんでしょ?」と笑われたのだが、家に帰って親父にその話をしたら

「おお!Aちゃん、あったさん(はったさん?)見たのか!良かったなあ!」

とか言って嬉しそうにしてた。
なんでも、その牛芋虫?は『あったさん』とかいう古くから地元にいる福の神的な何からしい。
見た人は一生金に困ることはないし、その家もすんげえ栄えるし、ついでに出世もするとかなんとか。

今でもAとは友達だが、俺が思うにご利益は無かったんじゃないかと思う。あいつ、今年の夏に高校時代からの彼女と別れたしな……


179 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/24 (土) 16:17:22.52 ID:QuQvHR6Z0
そういえばラキシスさんも居らへんようになったな
180 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/24 (土) 20:50:38.72 ID:sSnFxJhUO
ラキシスさんkwsk
181 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/25 (日) 01:10:43.13 ID:szzRiQ3PO
小学校低学年くらいの時の話を。
ストーブの上に手を置いちゃって火傷したことがあるんだ。
すごいヒリヒリして泣いた覚えがあるし今も後が残ってる。
泣きながら祖母に連れられて曾祖母の家に。曾祖母と向き合って
座らされて、曾祖母は火傷したところを擦りながら、お経みたいなのを
呟いてた。二、三分かな?すーっと痛みが消えてって帰りはご機嫌で
帰った覚えがある。何年か後に曾祖母が亡くなってから思い出して
祖母に聞いた話は
・曾祖母はまじない?が使えた。
・呪文?みたいなのは祖母も教えてもらって覚えてるが絶対使わない。
・間違ったりしたらとんでもないことになる、
みたいなことを言ってた。それ以上は話したくないみたいだったし、
呪文?教えてと言っても絶対教えてくれなかったな。
182 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/25 (日) 01:40:48.68 ID:9LP9PFXcO
不思議な力を持つジーチャンバーチャンの話が豊作だな
お年寄りって長生きしてる分だけ、色んな事が出来るのかもな
おれらも何十年かしたら不思議な力を使える様になるって考えるとワクテカする
183 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/25 (日) 11:33:47.13 ID:9LP9PFXcO
幼い子供も不思議な力を持ってる気がするし、考えてみたら大人だけが何も出来ないんだな
早くお年寄りになりたいぜ

184 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/25 (日) 20:36:43.14 ID:C5fsfrKq0
>>181
確かに呪文間違えると
とんでもない事になるよね…

俺は小学生の時に、2の終盤で復活の呪文書き写し間違えて
激しいトラウマに襲われ、以来二度とドラクエシリーズ遊ばなくなった

185 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/25 (日) 21:02:40.30 ID:SleQNJpO0
1で呪文間違えたら、レベルがかなり上がっていてラッキーだった
186 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/25 (日) 22:10:46.09 ID:9LP9PFXcO
Xの酷さを見るに、子供時代にドラクエ卒業して正解じゃね

187 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/26 (月) 00:10:13.55 ID:aQIn7lR80
>>185
別名だったんじゃないの?

188 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/26 (月) 01:32:24.06 ID:ib1XgA+2O
XJAPANのライヴは、ファンの女が上半身裸でおっぱい揺らしながら「エーックス!!」って
腕を交差させて叫んでジャンプするとか、それどんな儀式とオモタw
189 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/26 (月) 01:36:17.02 ID:9awgHfby0
ソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃん
ソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃん
ソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃん
ソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃん
ソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃん
ソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃん
ソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃん
ソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃん
ソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃん
ソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃん
ソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃん
ソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃん
ソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃん
ソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃん
ソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃん
ソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃん
ソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃん
ソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃん
ソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃん
ソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃんソーニャちゃん

190 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/26 (月) 01:56:45.45 ID:/qezB3m00
>>165
自分も卵の生産業者に直接そうきいたよ。>若鶏がふたごちゃん産む


191 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/26 (月) 03:47:52.82 ID:sYZ7ceVL0
小4の家庭訪問の時、担任が何故か同年代(クラスメートではない)の女の子連れてきた、とその時は思ってた。
女の子は母親が居間の方で茶菓子出して終わるまで待たせたとは聞いてる。
俺と母親が娘さんか?と思いつつも担任を客間に通してで三者面談をした。
俺の授業態度やら何やら話してる内に次の家に行く時間が迫ってた様で、時計見て慌てた感じで話を切り上げた。
担任は切り上げた事謝りつつ帰ろうとしたんで母親は居間の女の子呼びに行った。
俺も連れてた女の子誰かその時聞いてみた。担任は、一人で来てるから近所の子じゃないか?と。そしてそのまま次の家に訪問に行った。
軽く混乱したまま母親にそう告げに居間に行くと、母親は茶菓子片付けながら、いないから帰ったみたい、と。
腑に落ちない内に解決したんで訳解らないまま、ゲームでもしようと自室に行った。(続く)

192 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/26 (月) 04:29:16.27 ID:sYZ7ceVL0
>>191の続き
適当にゲームやって晩飯食ってTVみて21時越えたんで布団だそうと収納のふすま開けた。
そこに女の子がいた。開けてないふすま側の布団の陰に。本気で驚いて声あげた。
父親がその声聞いて何事か確認しに来た。俺がその事を説明しようとしたら後ろから女の子がお邪魔してます、と。
問答無用でひっぱたかれた。母親も後から来てギョッとしてた。訳解らないまま父親に説教食らった。
母親はその間女の子にどういう事か聞いて、単にかくれんぼしてたと。一家三人大パニック。
とりあえず女の子は帰ったが、訳解らない俺は散々身に覚えの無い事で叱られた。
とにかく納得いかないから詳しい事情聞いたはずの母親にどこの誰か、なのか聞いた。
素性は解らないが、単に遊びに来てかくれんぼしてただけ。一人で帰れるから、また遊びに来る、位しか話さなかったらしい。
そしてそれっきり。未だに父母も誰なのかさっぱり。近所に住んでるかすらも。
納得いかないままずっと放置な思い出でした。


193 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/26 (月) 17:00:07.06 ID:PnmqOQNx0
小学5年生の夏休みの話。
いつも一緒に遊んでる友人AとBと三人で、宿題やべーなーとか言いながらその日も遊びに出かけることにした。
だけど、夏休みじゅう遊び回ってるからどこに行こうかなかなか決まらず、なんか新しい面白い場所を見つけようぜってことになったんだ。
で、これは俺が考えた遊びで、以前から本当にヒマでしょうがないときにやっていたんだが、
自転車でどこかの道からスタートして、曲がり角や十字路があったら、右、左、右…と交互に曲がっていくってだけ。
通った事のない道を見つけることもあって、どんなところに着くか分からないので実際やってみるとけっこうワクワクするんだ。
これにはいくつかルールがあって、例えば右に曲がるT字路で左に曲がらなければならない場合は直進、L字路は直線扱い、行き止まりも直線扱いにして戻る、
同じ場所に戻る(ループ)するようになったらやめるかコースを変える、大通りは危ないから次の曲がり角で内側に曲がる、校区外にあたる道は壁として考える…などなど
で、四年生の時までは校区外に遊びに行くと捕まって怒られるって話を鵜呑みにしてたんで校区内で遊んでたんだが
今回は高学年にもなったしちょっと離れたとこまで行ってみようぜってことで、スタート地点は近所の公園前。まだここをスタートにしたことはない場所だった。
そして、俺、A、Bの順でスタート。
今にして思えば、この遊び自体が何か呪術めいたものだったのかもしれない。(続く)

194 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/26 (月) 17:02:05.86 ID:PnmqOQNx0
>>193続き
俺の住んでる町はけっこう複雑な街路が特徴で、移動のルールを守りつつ俺は右、左と軽快に自転車で走っていく。途中さっき通った道を縦断したり逆走したりする場面もあって、妙にテンション上げてゲラゲラ笑いながら俺たちは楽しく町を進んでいった。
30分ほど走ったころ、とうとう校区外に出た。
でもだいたい自分たちのいる場所は分かってるし、俺たちは不安もなく初めて通る道に入った。周囲は人家が少なくなってきて、田んぼや畑が目立つようになってきた。ちょっと郊外のゆるくくねる道。
途中であぜ道に入るコースになって、俺はガタガタする路面に気をつけながら少し速度を落とす。
何度かあぜ道を曲がったりお庄屋さんみたいなでかい家に至る袋小路をUターンしたりしつつ進んでいくと、こんもりした緑で覆われてる小山が見えてきた。
その山に至る道は左右に分かれるT字路で、突き当たりに石の鳥居が見えた。
さすがにぶっ通しで走ってきたので、俺たちはそこでちょっと休憩することにして、鳥居の前に自転車を並べて停める。鳥居の向こうは石の階段になってて、上には神社があるようだったが階段からは建物は見えなかった。
階段に腰かけて、途中で買ったジュースを開けて喉をうるおす。周囲はセミの声がすごくて、大きな声を出さないと会話もできないほど。虫取り網でも持ってくりゃよかったなと話しつつ、T字路の左右を俺は見た。
鳥居に向かって右は、山に沿ってあぜ道が続いていて途中から田んぼの真ん中を突っ切って道路に出る道。左は、同じく山に沿って伸びてるけど、その先にある別の山の方へ入っていくさびしい道だった。
どうもこの先は面白いもんなさそうだなって話しつつ、階段の上の方を見ると、石の段の上が少しおかしいことに気がついた。(続く)


195 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/26 (月) 17:03:29.82 ID:PnmqOQNx0
>>194の続き
段には枯れた葉っぱがびっしりと積もってて、それもかなり層が厚くて葉っぱ自身がボロボロ。でも今は夏だ。
要は昨年の秋に散った葉っぱが、誰にも掃除されずに積もってるってこと。積もり具合からして、誰かが訪れてる気配もない。
でもよく見ると、50段ほどの石階段の中腹あたりにまた石の鳥居があって、そこに結界が張られていたんだ。
当時はそれが結界だなんて考えもしなかったんだが、稲わらをよって作られたらしい細い縄みたいなのが左右の柱に結ばれてて、その柱と柱の間にまっすぐ横に縄が通されてる。
縄の高さはかなり低く、当時の俺たちの首の高さぐらいで大人の腰ほどだろうか。一見して、立ち入り禁止のためのものだってことは子供心にも分かった。
そして、その縄だけえらい新しいのが遠目でも分かる。石段に踏んだ痕跡がほとんどないのに、あそこに縄を張ってる人物がいるってことだ。
とはいえ、実は俺たちの目を引いたのは葉っぱや結界の縄なんかじゃなくて、敷き詰められた葉っぱが風もないのにあちこちで小刻みに動いてるのが目に入ったからなんだが。
A「なんかおるぞ」
言われるまでもなく、俺もBもそれに気がついていた。葉っぱの下で、なんか生き物が動いている。
興味をそそられた俺たちは、ジュースの缶を置いてゆっくりと石段に足を踏み入れた。
柔らかい、ふしゃっとした感触。ホントに、誰も来てないんだなというのが分かるほど手つかず状態の葉っぱを踏みしめて、ゆっくり上っていくと、葉っぱの影から茶色い指先ほどの生き物が飛び出すのが見えた。
山ガエルっていうのか? その正体は小さなカエル。まだ水から上がったばかりらしい小さなカエルたちが、葉っぱの下でチョロチョロしていて、俺たちが段を上るたびにピョコピョコ飛び出してくるんだ。(続く)


196 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/26 (月) 17:04:45.72 ID:PnmqOQNx0
>>195の続き
セミの声が本当にうるさくて、俺はAのところまで行って、そこでうずくまってるAに声をかけた。
俺「なあ、Bどこ行った?」A「え?」
顔を上げたAは、周囲を見回して、Bの姿がどこにもないことに初めて気がついたようだ。セミの声のせいで、葉っぱを踏む音もほとんど聞こえない。
俺とAは、広場のあちこちを廻ってBを探した。声を上げてBを呼ぶが、返事がない。
かくれんぼでもしてるのかと最初は思ってたが、いつまで経ってもBが出てこないので俺とAは不安になっていった。
だけど、実をいうとその前から、正確には広場に来た時から、俺は妙な不安感を覚えていた。
別にカンとか霊感が働いたとかじゃない。
俺は他の人よりも高い音の可聴域が少し広くて、いわゆる超音波の一部が聞こえる体質だ。
ブラウン管のテレビの放つ音、蚊・動物よけに使われる超音波発生装置、犬笛などが、俺には大音量で聞こえてきて頭が痛くなることもあったんだが、
そんな音に近い高音が、ずっと俺の耳に届いていた。
キ―――――キキキ―――キ――――キキ―――――キキキキキキ―――――――――キ―キキキ――――――――
って感じ。はじめは、セミの声が共鳴して別の音として耳が拾ってるのかと思ったんだが、Bを探し始めてからどうも違うってことに気がついた。
A「な――の奴、も――て帰―――ね?」俺「ええ?」
Aの声もうまく聞き取れない。A「Bの奴、もしかして帰ったんじゃね?」近くに来てAが声を張り上げた。
キキ――――キキキキ―――キ――キキキ―――キキキキキ――――――キ―キキキ―――キキキキ―キキ――――
やっぱり、Aにはこの音は聞こえてない。意識するようになると、頭蓋骨に直接振動を受けるようなすごい音だ。
風が吹いてきて、地面の落ち葉を揺らす。カエルが飛び跳ねる。
キ―――キキ――キキキ―――キ――――キキ―――キキキ―キキキキ――――キキキキ―キキキ――――――――
(続く)
197 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/26 (月) 17:05:45.83 ID:PnmqOQNx0
>>196の続き
俺は急に背すじに寒いものを感じて、Aを見ながら声を上げる。
俺「下、戻ってみるか?」A「ああ、チャリあるかどうか見れば分かるもんな」
俺とAは、駆け足で階段を下りていく。建物が見えなくなると、音は急に聞こえなくなった。鳥居の縄をくぐって入り口のところまで駆け降りると、俺たちが置いていた三つのジュースの缶が見える。
だけど、Bの自転車はなくなっていた。
A「なんだ、やっぱあいつ帰ったんじゃないか」俺「なんも言わずに帰るかねあんにゃろ」
俺は落ち着きを取り戻していた。Bがいなくなってるという事実は、自転車がないということで俺たちに何も言わずに勝手に帰ったということで結論づけられた。
習い事かなんか忘れてたんじゃないかとか、親と約束してたんじゃないかとか、俺とAは勝手にいろいろ想像して話しながら、その日は家に帰ることになった。
夕飯を食べて、宿題やるフリをしながらテレビを見てると、電話がかかってきた。母親が出る。
少しして、受話器を抑えながら母親が俺に声をかけた。母「ねえ、Bくんと今日遊んでなかった?」
俺は振り向いて息をのんだ。俺「え? うん、遊んでたけど途中で帰ってった」
嫌な予感。母親は受話器の向こうに何か話しかけると、いったん電話を切って俺のところに来る。
母「Bくん、家に帰ってないんだって。どこ行ってたか教えてくれっていまお母さんから電話あったんだけど」
俺はざわっと背すじに来るものを感じつつ、正直に昼間のことを話した。AとBとで適当に走ってたら○○のほうの神社に着いて、そこで遊んでたらBがいなくなったので下りてみたら自転車がなくなってた。
Bの姿は確認できなかったけど、自転車がなくなってたから帰ったんだとばかり思ってた。Aにも聞いてみてくれ。
そんな説明を聞いて、母親はBの家に電話をかけた。俺が言ったことを説明して、Aの家にも電話してみてくれと言って切る。(続く)

198 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/26 (月) 17:06:46.36 ID:PnmqOQNx0
>>197の続き
夜9時を廻って父親が帰ってきて、母親と一緒にBのことを説明する。Bは親父もよく知ってたので、心配して父親も電話をかけたが、Bはまだ戻ってきていなかった。
警察に相談した方がいいと言って切り、父親は地図を取り出して俺たちが遊びに行った場所はどこかと聞いてきた。
俺がそこを示すと、父親はBの家に行ってくると言って家を出て行った。
俺は不安で、同時に後悔の念にさいなまれていた。なんでBがどこに行ったか確認せずに帰ってきたのか、Bの家に行って事情を話さなかったのか。
今となってはもう遅いが、俺が不安そうに時計を見てると、母親があとはお母さんたちが探すから、とりあえず今日は寝なさいって言われて、俺は部屋で布団を敷いて寝た。
でも、精神が高ぶって寝られるわけがない。おまけに神社での光景、あの変な音が頭の中によみがえってきて、怖くて布団かぶってじっと耐えてたよ。
だけどだんだん意識が薄れてきて、俺は寝てるんだか起きてるんだか分からない状態で変な夢をいっぱい見て、気がつくと朝になっていた。
起き出して居間に行くと、父親がすでに起きて新聞を読んでいた。俺を見ると、父親はちょっと疲れた表情で、俺を呼んだ。
Bは、結局警察と両親たちが捜索して見つかったらしい。それも、あの神社から左に曲がっていった先の、かなり奥の方にある山道で一人泣いていることろを発見されたそうだ。自転車のチェーンが外れていて、どうにもできなかったらしい。
で、Bいわく「俺とAが突然何も言わずに階段を下りていって自転車に乗ろうとするから、自分もあわててついていった。山の方に向かって俺とAはすごいスピードで走っていって、ついていくのがやっとだった。
山道にさしかかって地面がガタガタになってて、Bはそっちに気を取られてるうちに俺とAを見失い、あわてて転倒、チェーンが外れて山の中で泣いていた」
そうだ。本当かウソかは分からないし、Bは少なくともずっとそう言っていた。だけど俺とAはそんなことはしていないし、あの道の向こうがどうなってるかなんて知らない。(続く)


199 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/26 (月) 17:13:00.46 ID:PnmqOQNx0
>>198の続き
結局、俺とAか、Bのどちらかがウソを言ってるんだけどまあ無事だったんだし、とやかく言うまいということで少し怒られただけで、大人たちは納得したようだった。
俺たち三人は、夏休みが終わるまでちょっと一緒に遊ぶのを控えていたが、二学期からは普通にまた遊ぶようになった。
あれからずいぶん経って、例の神社の周りは田んぼが埋め立てられて新興住宅街に変わっていった。
つい先日、仕事で車を走らせているときに、あの神社が建っていた小山に重機が入っているのが見えて、思わず車を停めてその工事現場に行ってみた。
あの階段も、鳥居も、建物も、すべて壊されて山を削って埋め立て用の土砂にしつつ更地にする計画みたいだ。
無数にいたカエルたちはどうなったろう。あの広場ももう影も形もない。
ふと子供のころの不思議な体験を思い出した次第。

終わり

200 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/26 (月) 17:20:55.76 ID:ib1XgA+2O
長編創作乙
個人的には、無駄な表現を削ぎ落とした短編創作の方が好きだけどな

201 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/26 (月) 17:31:50.63 ID:a2lK/x9wP
>>200
なんでそんな上から目線なんだ?

つまんねーアホな雑談しかしない間抜けよりネタ書き込んでいる奴の方が遥かに偉いだろ

お前の個人的な好みなんか誰も聞いてねーんだよ。

ネタも書かないで自意識過剰のカマって厨は、うぜーから死ね



202 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/26 (月) 18:53:56.99 ID:ib1XgA+2O
>>201 お前が今すぐ死ねよ、馬鹿か
感想を言ったまでだ
別に上から目線のつもりはない
末尾Pはキチガイばっかだな

203 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/26 (月) 19:31:21.53 ID:gzT1cVO1O
今でこそ送迎が当たり前だけど
自分が幼稚園児の頃は年長になったら一人で通園してた。
毎朝ある民家の前を通ると柵越しに虎が見えた。
デカい犬ではなく、テレビや図鑑で見るような明らかに虎。
こちらを睨み付けながら右往左往してたから怖くて早足で通りすぎてた。

埼玉の県庁所在地wで一般家庭で虎の飼育なぞ昔も今も絶対にあり得ない訳だが
当時はどう見てもアレは虎に見えたんだよね。
あれから数10年経ってその家はまだ健在だけど
庭といっても六畳程度の狭いもの。
幻を見てたのかな。
204 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/26 (月) 19:35:17.57 ID:4FBFub920
>>203
幼稚園児の頃はキジトラ猫でも大きく見えるものだと思う

キジトラって骨格しっかりしてて顔が大きいし
205 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/26 (月) 22:18:17.60 ID:d9BAbCns0
>>203
そこの住人がまだ住んでるなら聞いてみればいいのに。
ってかこっちも気になるから聞いてみてw
206 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/26 (月) 23:53:55.76 ID:ib1XgA+2O
昔、虎飼ってました?なんて聞けねーよ
クスリやってんのかと思われそうだ


207 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/27 (火) 01:04:58.26 ID:4fGW7laB0
>>203
たぶんこれだろ
ttp://www.youtube.com/watch?v=PFZM1JSocNs
208 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/27 (火) 02:08:35.79 ID:Qi9SXm4D0
京都市動物園では施錠ミスで飼育員がトラに襲われ亡くなりました
ここ1,2年前の話 6畳庭では飼育はムリだろ…


209 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/27 (火) 08:52:49.92 ID:gJCkqPRTO
203です。

あの時代から希少動物扱いで確かワシントン条約でも禁止されてるはずだしw
そもそも、その家もこじんまりした木造平屋建て庭面積も前述の如く。
失礼だけど虎どころか大型犬も到底飼えそうにない広さ。
取材してみたい気持ちもあるけど、
206さんの言う通りおかしい人扱いで終わりそうだw
思い起こせば当時は一人通園が凄く不安だったから
そういうのもあって猫が大きく見えただけなのかもなあ、
でもオレンジベースに黒の縞模様のデカい体、
そしてあの鋭い目付きは鮮明に記憶にある。

210 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/27 (火) 09:25:18.67 ID:JkD3vClXO
>>207 やべえ、これ欲しいw

211 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/27 (火) 22:33:09.80 ID:JkD3vClXO
ぬおっ、今日はおれしか来てないのか

212 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/28 (水) 00:07:30.20 ID:Qi9SXm4D0
>>209
デブ猫の映像youchubeで見てみ。なかなか迫力あるぞ
もはや猫とはいえないから

213 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/28 (水) 01:17:28.48 ID:2V8142c2O
けど、いくら幼児といえども猫と虎を間違えたりはしないんじゃね?
ほんとに飼ってたんじゃねーか?どこかの寺でこっそり飼ってた虎が逃げ出した事件あったよな
ライオン飼ってた民家も昔あったじゃん
どっちも日本の話だぜ

214 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/28 (水) 21:28:53.58 ID:2V8142c2O
>>203にだけ見えた、イマジナリータイガーwの方がスレ的には面白いか


215 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/28 (水) 22:26:46.16 ID:0q6vz8Z5O
ちょっと似てる記憶がある。
小学校高学年くらいの時の記憶。
自宅からちょっと離れた県道沿い(割と交通量は多い)の家の庭に
馬ぐらいある白い犬が二匹飼われてた。
時々車に乗ってそのお宅の前を通る度に見てた。
白い犬がらみでは他にも妙な体験したな


216 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/28 (水) 23:32:23.59 ID:2V8142c2O
>>215 それは本当に大きな犬だったかもしれん
おれ5年くらい前に凄い馬鹿デカイ犬の散歩してる人を見たぜ
調べてみたら、海外の犬種で、マジデカイのよ
馬ほどではないが、犬とは思えないサイズだった
217 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/28 (水) 23:51:41.05 ID:0q6vz8Z5O
確かに海外の動物はやたらデカいのいるよねw
もしかしたらそういう犬種だったのかもしれない
そのお宅は門が鉄格子になってて庭でその二匹が放し飼いだった
寝そべってる時は横から見た乗用車ぐらい大きかった
218 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/29 (木) 01:21:02.41 ID:EdjlMl2aO
>>217 デカイ生き物が、放し飼いで寝そべってるって優雅だなあ
もしかしてファルコンだったんじゃね?
あれ、犬に似てるしなw
219 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/29 (木) 03:12:09.56 ID:/uLB/ymN0
そんな家に住んでる人がそんな立派な犬飼うかね?
やはり謎ということで

220 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/29 (木) 21:42:56.67 ID:EdjlMl2aO
デカイ犬種ったってよ、さすがにセダンほどでけぇワンコなんて居ねえよw
ぜってぇファルコンだ
リマールのレコードどこやったかな

221 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/29 (木) 23:50:16.17 ID:EdjlMl2aO
ようつべで堪能してしまったわ
ドイツ映画にしちゃ最高に面白かったな、懐かしい
♪♪ネバーエンディングストーぉリぃー♪♪

222 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/29 (木) 23:59:40.15 ID:1C5d8LvfO
実際会って、でかいと驚いたのはボルゾイ犬だな。
子馬くらいのイメージだったよ

223 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/30 (金) 18:26:07.99 ID:HXt5bVvU0
小学校低学年のころ、祖母からお守りをもらった。
丸い金属のような中に鈴が入っていて、
自分の干支である申の絵が描かれていた。
京都のお寺で買ってきたらしく、特に何も
考えずにランドセルにぶらさげておいた。

それから何ヶ月か後、ふと見るとそのお守りが
ランドセルから取れてなくなっていた。
「あー、おばあちゃんになんて言おう」と
少々落ち込みながら学校に通っていた。
すると何日か経って通学路の途中でそのお守りが
落ちているのを発見した。車か何かに踏まれたのか、
ぺしゃんこにひしゃげていた。なくなってから何日間か
その道は通っていたが、見つけれなかったのに。

不思議に思ってそのお守りを拾い上げてよくよく
見てみると、鈴の入ったお守りの他に赤いプラスチック
でできたタグのようなのがついていた。今までそんなの
があるとは知らなかった。
そこには「身代わり」と記されていた。
びっくりしたけど、そのお守りは自分を守ってくれたのだと
思い、今でも大切に保管している。


224 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/30 (金) 21:44:13.73 ID:nxTWpa20O
>>223が無事だったのは良かったが、お役御免になった物をとっといても問題ないんだろうか
身代わりになってくれた鈴?を手元にいつまでも置いとくのってどうなんだろう?
針供養とかみたいに、何かしなくて良かったんかな

225 : 本当にあった怖い名無し :2012/11/30 (金) 22:02:07.26 ID:yZONESuc0
山陰地方住みだったけど、子供のころ絶対に一人では海岸にいくなと言われてた。人さらいにつれていかれると!

あの意味が、ようやく解り真実だったとわ…
226 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/01 (土) 19:25:15.08 ID:WD9BipSl0
>>224あー、どうなんだろう。そのお寺にはお礼参り?
みたいなので行ったんだけどね。供養とかしたほうがええのか

227 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/01 (土) 21:03:15.29 ID:PcfLQhr0O
>>226 ああ、お礼にお寺さんに参ったんならそれでいいんじゃまいか
226を脅かすつもりはないんだよ、ふと疑問に感じただけでさ
鈴?も多分嬉しかったと思うよ
身代わりとして壊れても、226の感謝の気持ちがきっと届いて本望だったろう

228 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/02 (日) 01:08:59.52 ID:/OUZupQO0
>>193
自分のガキの頃を思い出したわ。
自転車で友達と色んなとこ行ってたよなあ・・・
読み応えあって面白かった。

>>226
優しいおばあちゃんの思い出の品として持っておくのもいいんじゃないの。

初めて来たけどなかなかの良スレ。
229 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/03 (月) 01:45:40.85 ID:IA/+GBcF0
>>115と似たような感覚が夢の中で起きた事がある。 高校生の頃。
ファンタジー小説の砂漠みたいな場所で、旅人風の男に人生とはなにか?
みたいな言葉(2,3言)を告げられたんだけど、そのたった数言でカミナリに
打たれたような衝撃を受けた。
目の前に光が射したような、頭の上で鐘がリンゴーンと鳴っているようなイメージで
「ああそうか、そういう事だったんだ。それだけの事なんだ…」
と全身がしびれるくらい感動して涙が出て、目が覚めてもしばらく泣いてた。
数学の問題が解けた時の達成&スッキリ感を100倍にしたような感じ。
神に会ったとかいう人の宗教体験ってああいう感じなのかな。


230 : 1/2 :2012/12/03 (月) 20:00:37.27 ID:lH6U3yqtO
多分、小学校に上がるか上がらないかの年齢の頃だと思うんだが…
毎日のように同じ夢を見ていた。
と言っても取り立てて怖いとかオバケが出てくるとかじゃなくて、
小さい子供の足では少し遠いところ(自宅からkm程度)に実在する公園で一人で遊んでいる夢。
夢の中で、日も暮れ薄暗くなり自宅に帰ろうとするのだが、
公園と自宅の中間にある二車線の大通りで信号が変わらず、横断歩道が渡れない。
車も人も全く通ってないのに、律儀にも信号が変わらないからずっと渡れないまま待ちぼうけて、夢は終わっていた。

231 : 2/2 :2012/12/03 (月) 20:05:23.30 ID:lH6U3yqtO
何週間か何ヶ月か分からないけどしばらく連続してその夢を見た後、夢の中の信号の向こう(自宅側)まで母親が迎えにきてくれて、
そしたら信号が変わって横断歩道を渡り、家に帰ることができた。
それからその夢を見ることはなくなった。
あれは何だったんだろうとアラサーの今でも印象に残っている。成長過程の幼児期の精神的な云々なんだろうか。
長々とスマン。誰か意味の分かる方、同じような体験された方はいるかな?


232 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/04 (火) 00:27:21.37 ID:Ip62hwQz0
公園で遊んでいて気付いたら辺りは薄暗く誰も居なくなってた・・・
って実体験なら何度かあるけどね
しかし帰り道の記憶はほとんどない
勿論夢でも見たことないな


233 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/04 (火) 19:56:56.62 ID:OV501GnAO
むかし押し入れの奥に入れたなー
学校の合同教室の黒板の裏?にも一回入れた


234 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/05 (水) 15:55:44.54 ID:r3lmDxKGO
階段を歩く様な感じで空中を歩く事が出来たとか、少しの間だけ空を飛べたとか
瞬間移動をよくしてたとか
幼い子供の頃の体験談をずっとロムってて思うのは、常識的に考えてそんな事出来るわけないって大人の固定観念が無いから普通に不思議な力を使えてたのかなと

235 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/08 (土) 12:07:57.06 ID:DFmgzoZo0
そう考えると引き寄せの法則とかマジなのかなと思う



236 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/09 (日) 07:44:07.43 ID:l/Tp2a13O
定期的に急に思い出す昔の話


近所に藪と蔦だらけの家があって寄るなと言われてた
でも目の前にあるし
きになるし
行きたくて仕方なかった

ちなみに女の幽霊がでるとかいわれてたわ

237 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/09 (日) 07:49:22.80 ID:l/Tp2a13O
ガキの自分はピンポンダッシュして遊んでた(数分後にお手伝いさんがでてくる)

あるひおねーさんがでてきて「だめよ?」って言われた
綺麗な服を着てた
「お化け屋敷なの?中みたいな?」って言ったら笑いながらあんないしてくれた



238 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/09 (日) 07:53:40.15 ID:l/Tp2a13O
今なら解るがどくだみがアホほどあって「底無し沼だ〜」ってふかふかした土を踏んでだ

おねーさんは笑ってた

お手伝いさんがきて怒ってた

おねーさんは「お友だちなの」って言って家の中に呼んでくれた

239 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/09 (日) 08:00:23.50 ID:l/Tp2a13O
映画で見るようなながいテーブルだった

私を含めて4?5?人いたのに家に入ったのは3人だった(他はびびっったらしい)

お茶を飲んだあと
おねーさんに家の中を案内してもらって「お化け屋敷じゃないでしょ?(笑)」と笑われた

綺麗だった

でもお手伝いがずっといた



240 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/09 (日) 08:09:41.36 ID:l/Tp2a13O
皆は嫌がるけど私はおねーさんがすきだったので親に怒られたけど何回もいった

当時は解らなかった
「お父さんがね…触るの…」
「お父さんがね…お風呂を…」

子供だから解らなかった
「好きだからだよ!」
「私も入るよ!」


今なら解る

241 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/09 (日) 08:15:12.12 ID:l/Tp2a13O
一ヶ月もしないで親にばれておこられた

おねーさんは二度と見えなくなった


たまに塀のまぎわきに手紙を置いてたら返事があった
(大丈夫、ありがとう)みたいな内容

暫くしたら敷地内に犬が沢山いた(何びきかは手なずけた)

犬がなくとテーブルにいたおじさん(お父さん?)が走って怒鳴りにきた

242 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/09 (日) 08:30:24.05 ID:l/Tp2a13O
大分あとに女性の遺体が…と話題になった


だれもみな知らないと言ってた
親に「おねーさん?」ってきいたら忘れるように言われた

当時は4さいくらいなので親も忘れてるかも…


私は引っ越しをしてるのであまりそこは通らない


でも未だに白いワンピースの女性がでるらしい
243 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/09 (日) 08:35:14.63 ID:l/Tp2a13O
でる場所は私とおねーさんが約束して手紙の交換をしていた場所


ばれたら大変だから!と手紙を埋めてた
でも、そのうち敷地内はドーベルマンでいっぱいになった…

おねーさんと金網(裏口)ごしでも会えなくなった

244 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/09 (日) 08:44:00.18 ID:l/Tp2a13O
確か奥さん早くしんだんだよな

おねーさん綺麗だったな




子供の時には想像もできなかった世界があったんだと思う


でも数年前に通ったら白いのが裏口うろうろしてた

「あ…おねーさん…」とはおもったけど何もできないままだった


今は本当のお化け屋敷


奥におっさんもいる

245 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/09 (日) 08:56:21.99 ID:l/Tp2a13O
とりとめなくてすまん
ちなみに死んだ(殺された?)の知らなくておねーさんが塀の側に寄り添って歩いてた

「あ!おねーさんどこいくの?一緒にあるこ!」
「いいよ、そこまでね」
「そこのコンビニいこうよ!」
「ごめんね…まってるよ」
アイスかって渡した

離れられないのかもしれない



でも一緒に歩いたよ(途中で消えちゃうけど)
通ったら「さっちゃん」っていってくれたよ
やっぱり途中で消えたけど

おねーさんは優しかった
それを思い出したので書いてみた

246 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/09 (日) 16:07:48.09 ID:yo5jQEPKO
その謎の改行の意味を教えてくださいな

247 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/09 (日) 22:36:39.37 ID:nEqYnHKpO
いい話じゃまいか
>>245は純粋にお姉さんを慕ってたんだな
お姉さんの方も、怖がらずにずっと甘えてくれる245が可愛くて仕方なかったんじゃね
生前は辛い思いをしつつも、245の明るさに救われてた面もあっただろう
来世では幸せ掴めるといいな
248 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/09 (日) 22:40:11.69 ID:K0K2abieO
文盲だが、お姉さんもまんこ丸出しで霊になるとは余程未練あったのかな


249 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/10 (月) 23:57:44.78 ID:TSA85iKfO
良スレage

250 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/11 (火) 01:19:52.53 ID:kN+tvXbg0
スラダン全盛な消防の頃、早朝一番乗りで体育館でシュート練習してたら
いつも体育館のステージの袖に見知らぬハゲのおっさんがいることに気付いた。
(近眼でよく見えないし、先生だろと思って気にしてなかった)
ある日体育館の靴箱のところで眩暈がして座ってたら、おっさんが目の前にいた。
俺パニック。おっさんはハゲじゃなかったし、先生でもなかった。むしろヤバい人だと思った。
暴れん坊将軍を貧相にしたような、着物でチョンマゲのおっさんがそこにいた。
おっさんの言葉は聞き取れなかったけど朝からがんばってるなー感心感心、みたいな感じがしたから
俺はとりあえずニコニコしてこくこく頷いていたが、内心こんなところに上様がいるはずがない、であえであえーと思ってた。
おっさんはこの上なく面白そうに笑って一瞬で消えた。

後日談もあるけど自分でも出来すぎだろwと思うのでここでやめておく。


251 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/11 (火) 03:11:25.09 ID:jEUvkK8vO
>>246
ごめん携帯から書いてるんで改行は適当
更に言うなら酔ってて思い出したのを勢いで書いたのですまぬ

他も思い出したので適当に
・塀(2m程)に乗り走りまくって軟禁された離れにいるおねーさん発見 窓からよっちゃんいかをわたす→お手伝いに見つかり逃走
・再度チャレンジ→お菓子と交換でリボンだかネックレスだかを貰う→じじいにみつかり追いかけ回される
・懲りずに再(ry カメオ?のチョーカーだかブローチをくれた→流石に高そうだと思い親に言う→アホほど怒られる→返しにいく→お母さんの形見とか言われた
あげる→だめだよ→あげる→だめだよ 途中に母の「でも、大事なものでしょうし…」とじじいの「盗んだのか!」「どろぼうめ!」もちょいちょい入る

また来るねと約束して毎日門の所で5分は話ししてた(おねーさんが会えないのを嫌がったので妥協案?)そのうちお手伝いに毎回せかされるようになり(そこで裏口に手紙を埋める約束をした)

で最後の話し
252 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/11 (火) 03:23:24.04 ID:jEUvkK8vO
じじいに追いかけられてるときも「さっちゃんはこっちにおいで」とか言われて秘密にかくまってくれた
窓から悪友達が追いかけられてるのみて二人で笑いまくった(コントみたいだったw)

なんか可愛い服もきせてくれてあげるとか言われたけどバカガキだったしきれいだから断った(おねーさんの子供の時のらしい)
じじいがまた怒って部屋にきたけど(お手伝いがチクった?)服着てたら「一緒に下にきなさい」とか言われて長いテーブルでご飯食べた
食べた日はじじいにお礼も言われて帰ったな


思い出すと半年から1年くらいの話なんで思い出もあるようなないような…


興味ない人が多いかもしれないけどおねーさんがいたよってどっかで誰かにも思い出して欲しいような気がして今日も書いてみた


おやすみ


253 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/11 (火) 04:36:17.15 ID:jEUvkK8vO
思い出しすぎておやすみできなかった

テーブルでスープ飲んだんだけど「五月蝿い」「すするな!」と言われて静かに飲むのに神経使ったわ
おねーさんは頷いていたので(あ〜そういうルールなんだな)と思った マナーとか知らなかったけど自分の家が箸の持ち方悪いと怒られる家だったので空気は読んだ

後で部屋に来なさいとか言われて行ったけどおねーさんも一緒だった
下がれと言われていたけど「一緒に居ないと嫌」って言っててなんでかな?と思った
なんかでかい部屋にでかいベットとか本とかあってじじいはベットに寝ながら「本読め」とか言ってた まあ読んだけど
元々本は大好きで保育園児にしてはかなり難しいのも読めてた 解らないのは聞いたら普通に教えてくれた
254 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/11 (火) 04:43:28.13 ID:jEUvkK8vO
そういえば男子がいないときのじじいは優しかったかも? ロリコンだったんかな?

ベットに一緒に座って本も読んだし…

ただ間違いじゃなければ布団で昼寝したような…気がする
何かされた記憶は…ちょっと頭痛い…あったかも…
まあスレチになるからおいとく


おねーさんはそれからかもな トイレの前まで待ってくれてたりしてたの
じじいが呼んでるのに「二人で遊びたいの」とか言ってじじいが混じろうとしたらかくれんぼしたり


じわじわ思い出してきたけどこれ…思い出していいのかな…?

255 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/11 (火) 05:52:55.81 ID:pmTf4m0d0
>>250
「であえであえー」のとこで笑ったw

256 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/11 (火) 12:35:25.66 ID:3u4DuxQF0
サンタ(?)の足音を聞いた。オチなし。
小学校低学年の頃。寝室で奥から父、母、二段ベッドの上に私、下に妹、
という配置で寝ていた。二段ベッドの足元側がドア。
クリスマスの朝、まだ暗いけど野鳥が鳴いている時間帯(6時頃?)に
ドアがカチャっと静かに開き、部屋の中に誰かが入ってきた。
当時の自分はサンタ半信半疑派だったので、
(親がトイレに行ったのか?でも行くときドアを開けた音は聞こえなかったし、
まさかサンタ?サンタってこんなコソコソ入ってくるの?)
と疑問に感じつつ、黙って寝たふりをしていた。

257 : つづき :2012/12/11 (火) 12:41:59.35 ID:3u4DuxQF0
忍び足でそーっと歩いているけど、床がギッ・・・ギッ・・・と
きしむかすかな音が聞こえる。
その人は靴下を下げている二段ベッドはなぜか素通りして、寝室の奥の方に
向かって歩いている。
足音が父のベッドの前まで来た時にどうしても咳がしたくなり、我慢できず
ゲホッと大きい咳をすると足音は止まってしまった。
内心(あ、気づかれちゃった)と思っていると、その人は回れ右して
また床を軋ませて歩き、そーっとドアを開けて出て行った。

翌日、クリスマスプレゼントは寝室じゃなく居間に置いてあった。
(プレゼントは毎年居間に置いてある)
親に足音の件を話しても、別にトイレにも行かないし朝まで寝ていたという。
たぶん寝ぼけていたんだろうけど、忍び足で部屋に入って何もせず出て行く
サンタという謎の記憶だけは残った。
258 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/11 (火) 16:32:04.34 ID:c6B+LHgQ0
親が気を遣って嘘ついてるという可能性を考えないあなたは純粋

259 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/11 (火) 22:38:22.83 ID:3u4DuxQF0
>>258
親がウソつく理由がないし、寝室の外から来てまた出て行ってそれっきり、てのが
謎なんですが。
あ、後出しっぽいけど親はサンタを無理に信じ込ませようとするタイプじゃないっす。

260 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/11 (火) 23:13:31.32 ID:itKNF3C6O
>>250 >内心こんなところに上様がいるはずがない、であえであえーと思ってた。
ワロタw文才あるな、言葉選びのセンスが凄くいいじゃまいか
是非、後日談もお願いします


261 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/11 (火) 23:24:12.84 ID:c6B+LHgQ0
>>259
そうはいっても、まだ低学年なら夢を壊したくないって思ったのかもしれないよ。


262 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/11 (火) 23:54:16.17 ID:itKNF3C6O
そういや、昔のパートスレの頃にサンタを観たって話があったな
クリスマスシーズンに、外から鈴の音が聞こえて窓の外を観たら、トナカイの橇に乗ったサンタが空を飛んでたっていう
263 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/12 (水) 00:00:37.37 ID:NbNx/niCO
>>258
それ泥棒じゃね
264 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/12 (水) 00:15:29.37 ID:70mVLPSN0
全身トランプの模様をした男に後ろから抱えられて
連れていかれそうになった

265 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/12 (水) 01:15:11.44 ID:Mol6NB0FO
普通にこえーよ
>>264が無事で良かった
266 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/12 (水) 01:17:16.66 ID:FI/bSqSQ0
トランプマンか


267 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/12 (水) 04:26:16.15 ID:GKhroGLm0
子供の頃、正面が偉人の記念館の駐車場で、半分が林になってたんだ。
そこに巨大な岩があって、水がたまってたんだ
友達とふたりで覗いてみたら、細長い体と丸い頭をもったワタみたいないきものがいたんだ。
なぜいきものかってわかったかって?棒でつついたらぬるっ!って泳いだんだよ!
でもだんだん弱ってきちゃって、もうやめようって話になって放置したら
翌日見に行くと干からびて死んでた


268 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/12 (水) 05:44:20.01 ID:rSTICGUR0
>>260
俺も>>250のそこで笑った



269 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/12 (水) 08:08:52.87 ID:6vdsmV3q0
アーデルハイド!スープは音を立てて飲んではいけません!


270 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/12 (水) 22:39:33.90 ID:Mol6NB0FO
>>>269はいきなりどうしたんだよ
ロッテンマイヤーさんが好きすぎるだろ
271 : 250 :2012/12/12 (水) 23:21:52.94 ID:K9PTF2+l0
笑ってくれてありがとw
でも、当時はまじでパニックでそう思ってたんだw
希望してくれてる人がいたから後日談を。

俺はその日、いろんな友達に「体育館にチョンマゲのおっさんが出る!」っていう話をした。
みんな「見たことねえぞ」とか「なにそれ!」とか言って、昼休みくらいにはかなり話題になってた。
ちなみに自分の通ってた小学校は創立100年越えで戦時中には避難所とか
死体安置所とかにもなってて怖い話とか不思議な話は腐るほどあった学校だった。
で、先生も噂話を聞いたらしく、午後の授業で学校の歴史について調べることになった。
(通ってた小学校はゆとり実施前の試験校みたいな扱いで、授業内容とかかなりユルかった)
すると、おっさんに出会った体育館は、元々すぐ南にある某天満宮の敷地だったことが判明。
天満宮=菅原道真だし、菅原道真がうちの県に赴任してた記録もあったので、
あのおっさんは菅原道真だったんじゃないか説が浮上した。

272 : 250 :2012/12/12 (水) 23:22:48.82 ID:K9PTF2+l0
しかしクラスで一番かしこいAさんが「菅原道真の時代にチョンマゲあったんすか?」と。
チョンマゲといえば江戸時代ということで、江戸時代の記録を調べると、
うちの藩の初代藩主がその天満宮がいたくお気に入りで
自ら社殿や社地を広げたりと藩学の拠り所として何かと世話していたようだ。
それで藩主の肖像を探して見てみると・・・あのおっさんに激似。
「これや!これおっさんやで!!!」藩主は時代を超えて後進の育成っぷりを気にかけていたらしい。
ちなみに、藩主は徳川家康の孫で弟は黄門様。上様もあながち間違いじゃなかった、ということで。

こんな感じで一大歴史スペクタクルを味わった消防時代の思い出。
大して面白くもない長文でスマソ。
273 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/13 (木) 05:46:18.57 ID:J3EXys7I0
いやいや面白かった
ありがとう
274 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/13 (木) 14:20:38.02 ID:rhcKicjOO
なんで後日談は関西弁なの

275 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/13 (木) 15:33:00.20 ID:nAxTYuiF0
なんかすごくオモシロイわw
文才あるわぁ

276 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/13 (木) 17:37:58.58 ID:oyR0RKhJ0
小学校四年くらいの頃、習字教室に向かって山間の田舎のゆるやかな坂道を登ってた。
明るかったから多分午後3時ごろ。
遠くで誰かが誰かを呼んでるような声が聞こえてたけど、田舎だからめずらしくもない。
気にもせずに坂道を登ってたんだけど、その誰かが誰かを読んでる声がずっと続いてる。
なんとなく「しんちゃぁ〜ん」と自分の名前を呼ばれてるような気がして「家によく来る叔母さんが呼んでるのか?」とか思って振り返って眼下の国道とか田んぼを見渡してみても誰もいない。
で、気付いてしまったわけだが、最初遠くから聞こえてた声があきらかに近づいてきてる。
100M、50M、10Mときて、とうとう自分の立ってる真横から「しぃ〜んちゃん」と呼ばれた。
バッと横を向く。古い日本家屋がある。知らない人の家。
なんか知らないけどドッキリだろ?庭に隠れて誰かが裏声だしてからかってるんだろ?
と声のしたほうを凝視してみたけど人の気配は無い。
一目散にその場を逃げ去ったのだけど、あれは一体何だったのか。
キュウカンチョウが偶然自分の名前を呼びながら飛んできて近くの木に止まったのか。
それともお盆だから?そういうゆかりのある人に呼ばれたのだろうか。
みなさん見えない誰かに名前呼ばれた事ありますか?


277 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/13 (木) 18:01:39.56 ID:Kv8AI8W/0
>>276
あるある
私の場合は、家の壁のむこうから。
「あっちゃ〜ん、あっちゃ〜ん」と大勢の声が。
気になって下の階にいっても誰もいない。
あれはなんだったんだろう。
278 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/13 (木) 18:45:30.74 ID:oyR0RKhJ0
>>227
あなたもしかして前田さん?
ファンに家バレしたんじゃないの

279 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/13 (木) 19:24:23.87 ID:Kv8AI8W/0
>>278
マジで?ちょっと引っ越してくるわ


280 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/13 (木) 20:49:28.87 ID:KJr+Xk0Z0
>>279
オリエンタルラジオの中田あっちゃんだよ

281 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/13 (木) 21:51:34.08 ID:rhcKicjOO
>>279は前田敦子である事は否定しないのかw

282 : 250 :2012/12/14 (金) 00:10:01.10 ID:15aTflLQ0
>>274
関西っぽいけど地元の方言もこれなの。
よく間違われるけどねw



283 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/14 (金) 00:43:09.84 ID:jP+BjOob0
自分が体験したわけではないが

中1の時に父方の祖父が死んだ
ちっちゃい頃にはよく可愛がってもらってたじーちゃんだった
葬式とか色々済んで遺品整理を家族総出でやることになり、自分は物置の整理を任された
そこは古いスーツとか時計とかが入ってる、まあ面白味のない物置だったんだけど
その中に古い戦闘機(ゼロ戦かな?詳しくなくてスマソ)のおもちゃがあったんだ
支持台がついててわりかし立派で、ボタンを押すと羽根に仕込まれたダイオードが光るやつ
なんか気になったので居間に持ちだして、ホコリを払った
電池を入れてみたけど、壊れてたらしく反応は無かった
で、それからまた作業に戻ったので戦闘機の事はすっかり忘れてた


284 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/14 (金) 00:45:11.10 ID:jP+BjOob0
ところで祖父が死んで祖母はすっかり弱り、病院に入ってたんだ
掃除が一段落したところで父と自分と弟が見舞いに行くことになり、母が残って掃除を続けることになった
母が居間に向かうと急にあの戦闘機がガーガーと音を出し、ランプが点滅し始めた
おや、と思って見ていると、しばらく音と光を出した後にまた急に止まった
気になってスイッチを押した所、やはり反応は無かったそうだ
その後父が一人になった時にも同様の事があったらしい

父によると祖父は戦時中に戦闘機に乗ってたんだと(ゼロ戦では無かったが)
きっとじーちゃんがばーちゃんの事を頼むって言いに来たのかも、なんて話してた


その後戦闘機は自分が誤って落とし、前輪とプロペラ1本がバッキリ…
ごめんじーちゃん、可愛い孫の過ちだから許して

285 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/14 (金) 01:02:08.36 ID:eVN6iqJ50
小学三年の時に、学校から帰宅し自転車に乗って遊びに行こうとしたら、自分の自転車のカゴに猫が入っていた。
色は茶色と黒のしましまで丸まってる感じで入っており、首輪はしていなかったので野良猫なんだと思う。
猫は飼っていなかったけど猫好きだったから撫でてみると、猫は逃げなかったのでしばらく撫でていたが
友達との約束を思い出し、猫をカゴから抱き上げて地面にそっと放した。
猫はゆっくり歩きながら離れて行き、自分は自転車に乗って友達の所へと向かった。
そんな事があった次の日の学校で、四時間目の体育の授業が終わり一階の教室に戻ってくると
昨日の猫が自分の椅子の上に座っていた。ビックリして友達や先生に昨日の出来事を話したが、皆は嘘だと思っているのか醒めており
先生は「じゃあその猫、五時間目が始まるまでに急いで○○(自分の名前)が学校の外に逃がしてきなさい」と言われた。
自分は運命的なものを感じて家に連れて帰りたいと思ったが、前から親に猫を飼ってくれと頼んでも
マンションはペット禁止だから駄目だと言われていたので仕方なく校門から外に放した。
その日、親にこの事を話したら、凄い偶然だねとか言われて、もしまた
見付けたら飼ってもいい?と訊くと、ペット禁止だって言ってるだろと怒られた。
ちなみにマンションから学校まで300mくらいで、その後その猫には会っていない。
286 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/15 (土) 00:13:17.47 ID:I6P31PJY0
小学校に入るまえのこと。
雨が上がった後、庭に出たらきれいな虹が見えた。
虹まで行ってみたいと思って走って行ったけど追いつけない。
家が遠くなったので怖くなって引き返した。

今にして思うと
虹は南の空に見えていた。


287 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/15 (土) 09:11:47.59 ID:opTOHdQi0
??
誰か翻訳たのむ
288 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/15 (土) 09:54:07.64 ID:wuQ2RDtvO
虹は太陽の逆側に現れるんだよ
南に出るなんて北半球ではありえない
虹ではなく光環なら南の空に見ても不思議ではない



289 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/15 (土) 11:31:08.78 ID:wuQ2RDtvO
ごめん細かいことだが
北半球でも北回帰線より南なら
六月とかならありえなくはない
この話だと場所が不明だけど
たいがいの場所なら南に虹はありえないね
290 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/16 (日) 12:38:05.07 ID:TOg9hgWHO
思い違いかもしれないけど、小学校の低学年辺りの時に、動く絵を見たことがある。
本に挟まっていた紙に描かれてた絵が、なんか小刻みに震えてた。
机の上に置いて見たから自分の手が震えてたとかじゃないはずで、吃驚して親に見せたけど、嘘乙って感じで取り合ってもらえなかったなぁ。


291 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/16 (日) 15:40:09.46 ID:EQGXl0RsO
嘘乙ワロタw

292 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/16 (日) 16:36:31.97 ID:8Y++2udo0
社会悪は排除だからな

293 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/16 (日) 22:36:01.86 ID:EQGXl0RsO
し、社会悪てアナタ・・・


294 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/18 (火) 15:08:31.71 ID:DYGuOHZoO
良スレage

295 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/18 (火) 15:56:31.58 ID:4Q05GEvC0
小学校の時、近所の原っぱで野球をしてた。
ピッチャーの後ろの小さな林の間からちょうど夕陽が目に入ってきて
友達が「打ちづらいよ」と話してた。二塁まで進んだ友達が「あ!」と叫んで指さした。
振り向くと夕陽があった。慌てて林を見たが夕陽は消えていた。
数人で走って見に行ったが林は小高い山になっていて裏には何も無かった。(反射する物も)
守ってる側の友達は意味が解らず不思議そうにしてた。


296 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/18 (火) 16:19:55.59 ID:gP1lNUfr0
五歳くらいにスーパーにダイナミック
☆入店をやったんだが、確かに手が彼方此方切れて血塗れになってたんだが、泣かないで痛みも感じず、普通にあるいて母さん、血塗れになっちゃった。と言ったらしい… 何故だ…
297 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/18 (火) 16:51:04.13 ID:Xz07iths0
子供の頃、姉と祖父と港で釣りをしていたら遠くの方で海にゆらゆらと浮かぶ影みたいなものがあった
大きさは猫くらいで揺れながらどんどん近づいてくる
あれなんだ?と思う間も無くそれがすぐ足元に来た
不思議なことにそこまで近づいてもそれはゆらゆらしていて、はっきりとは見えない
ものすごい怖くなって姉に逃げようって言ったのに、姉はその黒いのをみたら釣竿でガンガン叩き始めた
そのうち黒いのが堤防を登ってきて自分はもう怖くて焦って悲鳴をあげたのに姉も祖父も動じない
それどころか登ってきた黒いのを姉が蹴飛ばした
海に飛んで行った黒いのはしばらくゆらゆらしていたけど、すぐに沈んでしまった
姉と祖父は今も釣りを続けていて、それから具合が悪いとか祟られたとかは無い
あれ何だったのかなと聞いたこともあるけど、姉は思ったより固かったと答えただけだった
本当にあれは何だったんだろう?

298 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/18 (火) 16:55:01.93 ID:s57WDnQg0
たしかになかなか良スレだな

299 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/18 (火) 23:12:30.79 ID:Lo+bKEox0
>>295
ごめん、ちょっとよく分からないんだが。
夕陽は別のなにかだったということ?

300 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/19 (水) 02:12:45.46 ID:cGVFyolrO
>>296 ダイナミック☆入店ワロタw
出来ればkwsk

301 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/19 (水) 05:51:28.19 ID:aE/nZgTt0
>>297
お姉ちゃんいいキャラしてるなぁww

302 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/19 (水) 07:47:12.79 ID:OtT7svWf0
>>300 小さい頃は情緒不安定だったんだよ で何故か右手をグーにしてドアに突っ込んだわけよ。
でも痛く無いから血を垂らしながら
母のとこまで歩いて行ったんだ。
そしたら救急車のお世話になった。
303 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/19 (水) 08:31:36.92 ID:thgkjXS60
>>302
ドアは何ともなかったの?

304 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/19 (水) 09:01:19.84 ID:VMyGLsNe0
>>299
そういうことです。
林の向こうにミラービルでもあれば不思議はなく反射光なんだけど(そんなイメージ)何もなくて
林の中のオレンジ色の大きな別の何か光の塊だったんでしょうね。
よくよく考えたら「夕陽って西って反対側じゃん」って。

305 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/19 (水) 11:35:54.92 ID:9VajCLfYO
>>303
血塗れになるくらいだから、ガラス割れたんじゃないかな?
たぶん


306 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/19 (水) 15:32:26.23 ID:OtT7svWf0
>>303 粉砕しました

307 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/19 (水) 17:28:22.97 ID:thgkjXS60
その時点で店内大騒ぎになんなかったの?


308 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/19 (水) 20:45:48.89 ID:cGVFyolrO
>>302 レスありがとう
傷みを感じなかったのは不思議だな
大怪我してるのに痛くないとか、カーチャン色々焦っただろうな

309 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/19 (水) 21:10:09.18 ID:09QuQ/q30
>>308
怪我してもショックなのか痛くない事あるよ
小6のころ薪をナタで割っていて弾みでひとさし指の骨一歩手前までざっくりいった
血はボトボトと落ちてくるが痛みは全く無し
親のところまで血を垂らしながら歩いて行って医者へ連れて行ってもらった
縫う時の針が痛かった
310 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/19 (水) 21:16:30.37 ID:OtT7svWf0
>>307 みんな口を大きく開けてましたよw

311 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/19 (水) 21:17:30.75 ID:09QuQ/q30
二才の頃には草刈り鎌で右足人さし指を突き刺したらしい
爪のしたから足の甲まで酷い傷痕が有るけど
やっぱり泣かなかったらしい
痛みって不思議
312 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/19 (水) 21:17:42.60 ID:VMyGLsNe0
全部が全部、説明ついたら「不思議な体験」じゃないですものね?!
子供って不思議だもん!
マンションからの落下事故とかね。

313 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/19 (水) 21:23:13.30 ID:OtT7svWf0
アドレナリンが出ているとマジで痛みは全くないんだよね
30キロくらいでチャリで走っていてこけて骨あぼーんしたのに痛くないし動かせた
とか
314 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/19 (水) 21:32:45.68 ID:c4Q8f+Gq0
>>304
なるほど。説明ありがとう。

315 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/19 (水) 21:41:13.38 ID:thgkjXS60
俺も幼稚園の時友達ん家の材木工場で遊んでたら
五寸釘が出てる材木思いっきり踏んづけて足の甲貫通した事あった。
血は出てたんだけど全然痛み無くてそのまま引き抜いたら
あっという間に履いてた運動靴まで真っ赤に染まったんで
200m先の家まで歩いて帰って親に病院連れてってもらった。

でも、治療は足洗ってオキシドール塗ってガーゼ貼ってもらっただけだったw

316 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/19 (水) 21:44:03.63 ID:cGVFyolrO
>>309 レスありがとう
貴方も凄い体験をしてますなあ
子供ってやっぱ不思議な存在だわ
幼い頃の一定期間限定で、大人には考えられない様な不思議体験を誰しも経験してるのかもな
「自分は何一つ不思議体験なんてしてない!」
って思ってる人も、実は忘れちまってるだけでスゴイ経験してるのかも


317 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/19 (水) 22:11:17.86 ID:VMyGLsNe0
オキシドール=万能薬伝説w
私も思い出した!講堂の真紅のベルベッドのカーテン(下に金のフサフサ)に掴まって
ターザンみたいなことしてたら後頭部を自分の身体くらいの銅製の花瓶にぶつけて出血したら
叱られて先生に絆創膏を貼られて「家に帰りなさい!」言われて朦朧として帰った。
帰りながら髪の毛の上から意味あんの?思った。 だから、こうなった!
318 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/19 (水) 22:26:32.37 ID:cGVFyolrO
だから、こうなった!
自信満々ワロタw
319 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/20 (木) 05:05:40.12 ID:N7hYp2gv0
>>317
面白いなwww


320 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/20 (木) 10:48:05.16 ID:riwTkDrP0
アホでしょ?w
また思い出しました。
幼稚園の頃友達と遊んでて、近所の用水路というかドブですね、
突然、何故か忍法(忍者ハットリくん)で飛んでみせると言い出して目を瞑り「印」を結んだポーズで
「えいっ!」と飛んだのですが両足を揃えていたのであえなくズブズブズブ・・・ブリブリ。
たった4〜50cm位なのでその気になれば飛べる思うんですが・・・。
底が緑色のヘドロみたくなっていて思いのほか深くお腹ぐらいまで沈みました。
でもその時のショックは落ちたことではなく「ウンコをチビった」ことでした。(ウンコに悩ませられるタイプ)
(しまった!)と思い、「印」を結んだポーズのまま呆然としていました。
友達は大騒ぎで「大丈夫?大丈夫?」、でも私はそのまま。友達が母を呼び駆けつけた母が「あんた!なんしようね!早くあがりなさい!」って
私は小さな声で「お母さん・・・動けん」呟くと、「何いいよるんね!手だしなさい!」
「お母さん・・・ウンコしかぶった(漏らした)」、「こんなんウンコもなんもあるもんね!」・・・
そうこうしているうちに通りがかりのオッちゃんにそのポーズのままで引き揚げられた。ズボッ!「くっさ〜〜〜!」
友達は周りで嬉しそうに囃し立て、でも私は修行僧のように薄目を開けそのポーズのまま母の後を片足ズックでトボトボ歩きました。
社宅に着いて外でホースで身体を洗われました。「早くズボンもパンツも下ろしなさいウンコとかいいから」
友達は「なんち?ウンコ?ウンコ?」超ハイテンション!ぶっ飛ばしてやりたかったけどパワーが3%位しか残ってなかった。
そしたら母が「ウンコなんかしとらんよ?!」「えっ!」見ると本当にしてません。「絶対、ウンコしたも〜〜ん!」と大声で叫びました。
・・・あれは、あの感触はなんだったのだろう?「謎」です。子供不思議体験。 長くなってごめんなさい。

321 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/20 (木) 15:23:54.40 ID:Jug/QCWy0
今はたまにだけど、小さい頃は人が死ぬ時期とか知ってた。
いつもわかるとかじゃなくて、死期が近づいた人がわかる、とかそんなの。
街中歩いてたら死期が近い人が多くてちょっと嫌だった。

322 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/20 (木) 18:11:14.08 ID:F85KmyD70
>320
俺も似たような体験あり。用水路を飛び越えようとして落下、頭打って救急車で運ばれたが、不思議なくらい痛みはなかったんだよな…

ちなみに320は大分か?

323 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/20 (木) 19:08:45.46 ID:63sFFvvCO
中学三年の夏、入院中のひい祖父さんの見舞いの帰り(病院内)、鼻汗を手でぬぐったら指から線香の臭いがした。
当時家には線香ないし朝から線香なんて触ってもない。え?と思って手をフガフガ嗅ぎなおしたら臭いがうすれた。
ばあちゃんが近くに居たから(ばあちゃん家には線香ある)ばあちゃんから臭うのかなと思い
後ろから服をクンクンと嗅いだが、線香の臭いとは全く違いただ化粧臭くてオエッとした。

まさかな…と思いながら再び手を嗅いだらまた強く線香の臭いがする。どうやら手のひらから出てるようだ。



324 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/20 (木) 19:21:09.36 ID:oGs7FvnL0
定吉
325 : 323 :2012/12/20 (木) 19:28:34.79 ID:63sFFvvCO
>続き

線香の臭いが自分だけしかしないんじゃないか、もうすぐ自分は死ぬのか?と不安にかられ、ばあちゃんに自分の手のひらを嗅がせ
恐る恐る何の臭いがするか聞いてみた。
ばあちゃんもお線香の臭いがすると言い、自分だけに臭うんじゃないんだと安堵しつつ母や叔父にも嗅がせたらみんな不思議がってた。
結局夕食くらいまで臭いは消えず、みんなで気味悪いなぁとかいろんな話をした。
一ヶ月後ひい祖父さんは亡くなってしまって数日は親戚中不思議なことがあったみたい。
親戚の中にも霊感強い人がいるから私にも感があるのかな?不思議な体験はそれだけだけど

326 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/20 (木) 19:54:56.20 ID:ldXkvPP+O
俺、>>320のファンになったww
いいキャラしてるなw
327 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/20 (木) 22:08:03.46 ID:riwTkDrP0
>>322
子供時代って不思議ですよね。福岡生まれの大阪育ちです。
社宅時代は堺だったのですが、みんな九州だったから
読み返してみて正確には「・・・動けんとよ」「・・・早よあがらんね」とかですかね?
大分は中津と国東と・・・なんとか高田に親戚がいます。
>>326
どうもです。宜しくお願い致します。(^_^)
では、オカルト系で・・・
お爺ちゃんは霊能的な「能力」があって・・・
幼い頃、縁側でお爺ちゃんの膝の上でのこと。「悪い虫でてくるけんよう見とけよぉ」って、
悪戯っ子のような顔で私の手の平に筆で文字を書いてくれた。
暫くすると5本の指の爪の間から白くてフワフワニュルニュルした物が出て来ました。
姉もやってもらってたから大人になって姉と話したんですけど、
「あれはなんかの科学反応なのかもね?!あれって、梵字だったね」って。


328 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/20 (木) 22:13:24.82 ID:1Kzgk3Mj0
疳の虫?
うちのおじさんもよくしてた
何か仏教のおまじないとか何とか

329 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/20 (木) 22:21:01.06 ID:oGs7FvnL0
小学校4年生のときだからもうだいぶ前のことだな
当時俺の町では小学校の合併があり俺のいた小学校が建て増しされて
別だった学校のやつらが移ってきたことがあった
それで新しい友だちが数人できて、家に遊びにいったりしたけど
そいつらの地区は同じ町内でも行ったことがない場所だったんで
最初のうちはけっこう新鮮な体験だった

5月だったと思うが日曜日の午後にその地区で遊んで
家に帰る途中でどしゃ降りの雨になった
時間は6時まで家に帰らないと怒られてたからたぶん5時過ぎくらい
叩きつけるような大粒の雨で、どっかで雨宿りしようかと思ったけど
まだコンビニもない頃で・・・そうしたら幕屋が目に入った

幕屋というのは、俺らの町はお地蔵さん信仰が盛んで
町内の地区ごとにあって月当番を決めてお祀りする地蔵様のお堂のことだ
たいがいは辻脇にあって数本の杉の木もいっしょにある
月当番の家では火の始末やお供え物のかたづけなんかをする
今から思えば2間に4間くらいの細長い建物で
お地蔵さんが地区によって違うけど5〜10体くらいある
屋根はあったけど長辺の壁がなく、そこに赤い幕が下がってるから幕屋
330 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/20 (木) 22:21:31.86 ID:oGs7FvnL0
そこで雨宿りしようとして走り込んで幕をめくったとたん、あっと思った
お地蔵さんがあるはずの木枠の中にぎっしり
オムツもしていない裸の赤ちゃんがひしめいていたんだ
何十人という数で、さらに不思議なのは
その中に赤ちゃんくらいの大きさで手足もあるんだけど
色は真っ黒で、ふつう頭のある場所が象の鼻みたいになってる生き物?が
5〜6人?くらい混じっていたことだ

俺が幕をめくったまま固まっていると
てんでに泣いたり隣の子に抱きついたりしていた赤ちゃんたちが
いっせいに静まって俺のほうを見たんだよ
さらにその黒い生き物も象のような鼻の先を俺のほうに向けている
なんとか後じさりしてひっこんだけど
ウッそだろ〜と思ってもう一回幕をちょっとだけずらしてみると
中の赤ちゃんはみんな消えててお地蔵さんが七つくらいあった

気味が悪かったんで結局そこでは雨宿りはせずにずぶ濡れで帰った
家で当時まだ健在だったジイサンにそのことを話しても
どういうことなのかわからずじまいだったな


331 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/20 (木) 22:23:14.05 ID:riwTkDrP0
>>328
そうだ!「かんのむし」って言ってた。
あれってなんなのですかね? UMA ?

332 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/20 (木) 22:29:40.52 ID:GA/VkgUy0
吾妻ひでおが良くマンガの中でやってたけど
そう言うの本当にあったのか


333 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/20 (木) 23:22:36.87 ID:riwTkDrP0
トホホ・・・・・
ウィキペディアで調べてもうたぁ・・・・見るんやなかったぁ・・・
子供の頃に戻りたい、昭和に戻りたい・・・
だから爺ちゃん、あんなに「笑ってたんやぁ」・・・

でも爺ちゃんはちゃんと修行した人やっ!(`・ω・´)キリッ

334 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/20 (木) 23:35:00.88 ID:riwTkDrP0
でも、いいや!
久しぶりに爺ちゃんの笑顔&温もり思いだしたから!
Positive Thinking!!!!! (optimism?)

335 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/21 (金) 00:00:36.05 ID:l34Y3u7f0
>>327 >>328

疳の虫 私も数年前に知人から受けて体験しました。
不思議ですよね。白い糸くずが出てきますね。
風もないのにゆらゆら動いていて不思議な生き物ですよね。
336 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/21 (金) 00:17:21.04 ID:YlwNoCXE0
>>335
な〜んか癒されますよね。
(ぅわぁ〜〜)って眺めている、一時が大切なんでしょうね。

337 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/21 (金) 00:31:01.29 ID:YlwNoCXE0
>>323
最近、知り合った方も手の平からお線香の良い香りがしました。
その方はどちらか忘れたけど片方だけでした 指はくっきり仏眼でした。
優しい包容力のある方です。
338 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/22 (土) 09:52:04.24 ID:jRriJbC10
常にウンコの臭いがする女なら知ってるよ?

339 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/22 (土) 21:31:53.64 ID:+xdtaqV20
両手に十字があるんだが…なんか恐い…


340 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/23 (日) 03:15:04.26 ID:Q748QRogO
両手の十字UP

341 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/23 (日) 05:48:52.43 ID:B5/RpVxA0
>>340 手のひらに大きい大体2つの
手相あるじゃん、生命線だかなんだか。
その間に両手とも十字があるんだよ。

342 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/23 (日) 16:51:07.23 ID:Q748QRogO
kwskではなくUP

343 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/24 (月) 18:19:03.93 ID:1COJ+m8J0
それ、神秘十字線ですよ。
私も両手にあります。


344 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/24 (月) 19:24:51.12 ID:RTm/6uhx0
例えピンチになっても必ず守られる人が持つ手相だってゆーよね
ええな
ワシも欲しい


345 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/24 (月) 20:31:03.44 ID:6T3E0gYFO
じゃあ代わりに>>343が写真うP
346 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/24 (月) 22:06:27.87 ID:DosCxI9L0
>>344 確かに本当にやばいとき大体たすかってるかも…


347 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/25 (火) 00:57:11.38 ID:Ka7DKDvE0
>>341
それって左手と右手で形が違う?今気がついたが、俺にもあった‼
左手のがくっきりとしてる。

そういえば、昔事故にあいそうになった時に周りがスローモーションになって助かった事がある…。
348 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/25 (火) 11:39:18.60 ID:oliaOs5e0
あるけど・・・ちょっと斜めってるから神秘×線だw

349 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/25 (火) 15:55:47.16 ID:bD49bSqL0
今更きずいたが薄っすら右手の十字がハーケンクロイツっぽくなってた…w
生まれながらにしてナチスかw俺はw


350 : 343 :2012/12/25 (火) 16:22:13.79 ID:AFyyDl960
あと仏眼っていう手相も左手だけありますね。今まで臨死体験っていっていいかわからないけど、死にかけた事が、何回だろ?w
数えたら5回はあります。普通に危なかったとかではなく、ほんとに死ぬところを助かってます!普通の人は遭遇しないような事故、怪我、病気。なんで自分だけこんな目にあうんだろって昔は思ってました。
でも今では試練だったんだと思いますね。そういうのは先祖などの警告みたいですけど、なにか考え方が間違ってるとかだったのかなw
後でupできたらします。

351 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/25 (火) 16:32:54.62 ID:oliaOs5e0
パンツァーフォー!・・・ハーケンクロイツかぁ、カッコいいッスね!
私は両手に幾つかあるんだけど、どうひいき目に見てもやっぱやや斜めってて「×××」、
「お前は、ダメダメ人間だぁ〜」と、言われている気がする。w
私も左はくっきり仏眼です。右はやや二重。

352 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/27 (木) 16:56:44.77 ID:B5ZOFbvmO
このスレ向けの話が常に他スレに投下される屈辱
353 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/27 (木) 23:28:10.90 ID:OfFOXaPz0
たまに家の近くの山で天狗に会える
ご近所でも結構有名だけど、私が小さい頃は迷った時に家まで案内してくれたし、
いい天狗なんだと思います

354 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/27 (木) 23:57:21.48 ID:/V0MvTqt0
天狗… それ男?女?

355 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/28 (金) 00:15:16.94 ID:SF+FrKTC0
遠目から見たらカラスみたいだけど、近づけたら飛んでるのが見える
飛んでる途中に「あっ」みたいな顔して山に消えてくのは今でもよく見る

男の方です
356 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/28 (金) 00:39:36.25 ID:TCjd8ELc0
天狗っていうのはロシアから失踪、逃亡した人達が山に隠れながら住んでいて
日本人は事実を知ってはいたけれども、子供達には危険だから近づくなという意味で
天狗の伝説をつくったんだよ。


357 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/28 (金) 00:44:35.98 ID:SF+FrKTC0
そうなんですか
天狗面みたいな感じじゃなくて、顔は案外普通の顔だけど、カラスみたいな大きな黒い羽があるから天狗だと思ってました。
近所のお婆さんとかお爺さんも天狗様って言ってたので。
内陸にも天狗伝説ってあるんですね。
358 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/28 (金) 02:02:32.70 ID:wRCLU40nO
幽霊や宇宙人の存在は信じないけど、妖怪は居そうな気がする


359 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/28 (金) 02:30:22.93 ID:QxuRz2IK0
線香の匂い俺もあった、しかし手のひらから出てるのは気がつかなった。
今度、注意してみます。自分だけでなくてなんかうれしい

360 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/28 (金) 09:03:58.29 ID:a/JxtWTt0
前世かは解らないが夢でこんな物が。
最初空母らしき(形状と駐機してる飛行機から日本軍と推測する)甲板にいて
いきなりスピーカーから〜から敵機襲来!
至急迎撃サレタシと聞こえゼロ戦らしき物で迎撃に向ったわけよ。
真昼間だから視認性は良く、直ぐに敵機が見えたんよ。
相手は多分ヘルキャット系とドーントレス。
まあ辛うじてドーントレスを3機くらい墜としたわけよ。
そしたらヘルキャット系に後ろにつかれたから逃げてたんだけど機銃で撃たれて
ここでいつも夢が覚める。
きっと死んだんだろうな…

361 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/28 (金) 14:24:44.19 ID:MPsJDCvA0
私に記憶は残って無いのだけれど・・・
二歳ぐらいの頃、母が近所の奥さん達と近くの里山にワラビ採りに行ったそうだ。
私は母の背中にオンブされていたそうだ。
私が急に「くちゃい・・・くちゃい。」と言い出し、
母が「なんも臭くないやろ?ウンコね?」とか言っていると、
激しく仰け反って、「くちゃいくちゃい、くちゃ〜〜〜いっ!」と叫んだそうだ。
大人達が「なんやろ?なんやろ?」と周りを探してみると、離れた山から煙りが上っていて、
山火事になるところだったそうだ。

362 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/28 (金) 14:45:03.52 ID:MPsJDCvA0
幼い頃、母に抱っこされてベランダから月を眺めていた。
そうしたら急に、
「お母さん・・・お姉ちゃんは「お星様」お父さんが守る。お母さんは「お月様」僕が守る。」と言った。
母は「ありがとう。・・・ズボンに履き替えようね。」と答えた。
「・・・うん。」
私はその時何故か姉の赤いジャンパースカートを穿いていた。


363 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/28 (金) 21:58:47.50 ID:99eJQd670
>>362
日本語でお願いします


364 : 本当にあった怖い名無し :2012/12/28 (金) 22:38:03.49 ID:MPsJDCvA0
>>363
いやだw

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]